衝撃体験 ウサ速
FC2ブログ

ウサ速

ウサギ成分多めのまとめサイト 家庭・既女・育児・生活などなどからまとめています。(おーぷん2chはじめました)

家の奴隷やってて20歳過ぎたあたりで、そうだタヒのうって思った

job_mizusyoubai_host.png

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その26

695: 名無しさん@おーぷん 20/04/05(日)00:38:07 ID:0I.0w.L1

自宅待機してたら昔のこと思い出してきたから書き捨て。

小さい頃からずっと姉と容姿差別されて育てられた。
お姉ちゃんはかわいい、お前は豚、みたいなのがデフォルトだった。
家族以外からもかわいいとか言われたことはなかった。
これはまぁ、服もぼろいし髪もぼさぼさだし、何より自分で自分をブスだと思ってる愛想のない子なんて実際かわいくないしね。
お前は嫁に行ける顔じゃないからって商業高校に進学させられて、
私もこんなブスじゃ仕方ないですよねって親に唯々諾々と従ってそのまま就職した。
稼ぎはほとんど親に渡してた。そのまま姉に渡ってたと思う。
服も美容院も化粧もお前には無駄、って言われてそのとおりですねって思ってた。

そんなこんなで家の奴隷やってて20歳過ぎたあたりで、そうだタヒのうって思った。
どうせ恋愛とか出来るわけないし、生きてても無駄だし、
ブスだから仕方ないけど、それでも馬鹿にされ続けて生きるのは辛いものがあるし、と。

今にして思うと、たぶんこれ欝だったんじゃないかと思うんだけどね。

で、どうすれば出来るだけ迷惑をかけずにタヒねるか考えて、誰かの私有地だと迷惑だろうし、地方の国有林あたりで括れば良いかなと思った。


スポンサーサイト



[ 2020/04/05 22:19 ] 衝撃体験 | TB(0) | CM(0)

義弟「僕ね、30歳。んー、大丈夫大丈夫、じゅうぶん範囲内だから」

pro_wrestler_manji_gatame.png

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その26

681: 名無しさん@おーぷん 20/04/03(金)15:51:00 ID:gj.zk.L1

夫の弟(義弟)がイヤ。
義弟は夫の10歳下。義母が甘やかすもんだから、就職しても義実家で上げ膳据え膳、
給料は全額自分の遊び金、ギャンブルと女遊びにつぎ込んでしまう。
たまに義父に叱られると家出して、電車で1時間ほど離れたうちに逃げ込んできた。
うちでも上げ膳据え膳ヨロシク&夫に小遣いチョーダイしてきたから、
気の強い私は夫との新婚1年目の時に盛大にブチ切れてやった。
女に叱られたことのなかった義弟はビビッておとなしくなったけど、
まだ時々、「にーちゃーん、とーちゃんに叱られたよぉー」とやってきていた。
夫も義弟を強く叱れないもんだからしょうがない。
私と娘は無視していたから、夫と義弟は2人で外に飲みに行ったりしていた。

娘が小学6年生のある日曜日、
クラスメイトで仲良しのAちゃんが遊びに来て、庭でバドミントンをしていた。
Aちゃんは発育のいい子で、当時で背丈は160センチ近くあった。
面長で目はすっきりと切れ長、美少女というより、将来は美人になるだろうなあというタイプ。
でも11歳、おチビの娘と同じ、中身は子供。

そこへ義弟がやってきた。
遊んでいる娘とAちゃんに気付いて、
「娘ちゃん、お友達?おじさんも一緒にバドミントンやろう」と庭に出て行った。
これまで義弟が娘と遊ぶことはなかったので、
何事だ?と思ったけど、結構楽しそうなのでやらせておいた。
ひとしきり遊んだ後、おやつを用意して3人を呼ぶと、
家に入ってきながら義弟がAちゃんに、「Aちゃんて6年生だって?」
Aちゃん「そうです」
義弟「僕ね、30歳。んー、大丈夫大丈夫、じゅうぶん範囲内だから」
Aちゃんと娘、「え?」ときょとんとする。


[ 2020/04/03 22:54 ] 衝撃体験 | TB(0) | CM(1)

父を看取った後には、まだ使えるオムツが結構な数量で残った

kaigo_rihabiri_rehab_pants.png

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その26

675: 名無しさん@おーぷん 20/04/02(木)22:34:25 ID:lX.ou.L1

父の介護がはじまったとき、オムツのことがよくわからず、数個使っただけで、違うのを買うことが度々あった。
父を看取った後には、まだ使えるオムツが結構な数量で残った。
捨てようかとも思ったけど、開封済みだから嫌がられるかもと思いつつ、近所のデイサービス施設に要るか聞いてみたら、もの凄く感謝された。
その感謝っぷりが物凄かったので、理由をきいてみた。
必要なオムツを持たせずに、デイサービスに送り出すご家族が一定数いるらしい。そのままにするわけにもいかないので、施設のオムツ負担が増えて困っていたらしい。
連絡先を教えてほしいと言うのを固辞して帰ったけど、
そんな利用者家族の存在を知って本当に衝撃だった。


676: 名無しさん@おーぷん 20/04/02(木)23:34:14 ID:hq.q5.L8

>>675
うちは逆に施設で用意して全部利用料と共に請求してきてたし
家から持って行っても使われないこともあったなあ
準備品の説明やパンフレットの注意書きを読まない家族が居るんかね?
不思議だね
その施設も単価を設定して予備品をストックしておいて
「今後は請求します」って周知したら
うっかり忘れる人(フリをする人も含めて)も居なくなりそうだけどw


677: 名無しさん@おーぷん 20/04/03(金)03:39:08 ID:4K.8y.L1

>>675
忘れたといえば施設で用意してくれるなら毎度忘れる人いるだろうなぁ
施設ではおしりふきにぼろ布使うので(使い捨てにする)うちの母は不要になった服や布をハンカチくらいに切って
持っていくとすごく喜ばれると言っていた。着なくなった服やタオルなど持っていくとせっせと裁断している。


678: 名無しさん@おーぷん 20/04/03(金)08:23:42 ID:89.2c.L1

オムツを忘れる人はオツムが足りない


[ 2020/04/03 22:49 ] 衝撃体験 | TB(0) | CM(1)

誰かが気づいて知っててくれるなんて、甘えた考えだ

hakuba_oujisama.png

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その26

620: 名無しさん@おーぷん 20/03/24(火)18:21:57 ID:iV.th.L1

あとにも先にも人生で最も衝撃的だったのは、中学生の頃のAさんの発言だったな。
Aさんは学校ではかなりの真面目な感じの人で、制服も校則に則って一切着崩さない人で、
夏でも生徒手帳にあるようなハイソックス(夏は皆ショートソックスok)&リボン着用(夏服のみ免除されてた)、
髪もしずかちゃんヘア、無遅刻無欠席で勉強も運動もできて、書道部の主将で賞もとり、いつも完璧だった。
パリピな人たちからはガリ勉委員長と陰口を叩かれて軽くイジメにもあってたけど、Aさんはそのスタイルを変えなかった。
自分が無くて規則通りの格好をしてるのではなく、自分を貫き通した結果、規則通りの格好だった。
実際に彼女の私服はかなりパンクというか・・・名乗られるまで気づかなかったくらい別人になる。

ある時、学祭か何かで教室に女子だけが集まり、作業している日があった。
そのときパリピな子たちが集まり、作業そっちのけで、パリピの一人、BさんをどうやってCくんとくっつけるかの計画をたてていた。
Cくんはソフトテニス部の次期部長で、ハーフ顔の長身イケメン、その上勉強までできるという、中学生からしたらパーフェクトボーイだった。
生活態度も部活や進学に影響がないよう、表向きはきっちりしていた。裏は結構やんちゃだったみたいたけど。
対してBさんは、まぁ不良とまではいかないけど、日頃から不真面目な人で、部活もバスケ部だったけど、サボりがち。
制服も着崩し、髪も染め、リボンも短く可愛くカットし、メイクにピアスもやっていて、女子力は高かったと思う。
Bさんの周りも似たりよったりだった。

そんなBさんとCくんをくっつける計画をパリピが真剣に話してたんだけど、なんとそこにAさんが口を挟んだ。
普段なら絶対に混じり合うことのないところが絡みだしたので、全員ハラハラしながら見守ってた。
Aさんがパリピに発した内容は、
「どうしてCくんを変えることばかり考えてるの?BさんがCくんに見合うように変わろうとしないの?」
という問いかけだった。
具体的なやり取りまでは記憶の彼方だけど、Aさんの話しを覚えてる限りあげると
「私はCくんと同じ進学塾に通い、同じクラスで学んでいるが、彼は私よりも頭もいい。その上スポーツもできる。
推薦も来るだろうし、勉強で高校を選ぶとしても、確実にBさんとは高校が分かれる。
そもそもCくんのレベルにBさんは掠りもしていないし、2人の話のレベルが合うとは思わない。
Cくんは勉強も部活も大切にしてるし、やらなければならないことはきちんとこなしている。
勉強も部活も中途半端、やらなければならないこともせず、くだらないおしゃべりしてるBさん達とは考え方がまるで違う。
今のBさんがCくんの目にとまり、記憶に留まるとは思えない。留まったとしても、それは多分マイナス要素が大きい。
Cくんに好きになってもらいたいなら、まずCくんのレベルにまでBさんが追いつかなきゃならないんじゃないか。
なぜ先にその努力をしないのか。」
こんな感じのことを、すごくすごく真面目に問うていた。本当に不思議そうに。
Bさんの周りは「あんたが知らないだけでBにも良いところはたくさんある!」と反論してたけど、Aさんは
「私から見えるBさんと、Cくんから見えるBさんは大差無いと思う。
私の目から見てBさんの良さ、付き合うメリットが何もわからない。Cくんの目から見てもそうだろう。
2年間同じクラスの私ですらわからないのに、そのBさんの良さをわかってもらうところまで、どうやってCくんと仲良くなるの?
そこにたどり着けるだけの関心をCくんから引き出せるの?どうやって?Bさんに勝算は無いと思う。」
と、これまたズバッと切り捨てたのだった。


[ 2020/03/26 12:28 ] 衝撃体験 | TB(0) | CM(0)

私はずっとブスだと思って生きてきた

mirror_woman_smile.png

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その26

626: 名無しさん@おーぷん 20/03/24(火)21:35:09 ID:m9.py.L1

友人から諭されてめちゃくちゃビックリした事。
前置きすると、性格悪い話。

私はずっとブスだと思って生きてきた。
昔から20代後半のおばさんに見られてて合コンとかの年齢当てクイズも言われるのはアラサー年齢。
恥ずかしいけど、私は昔から少女漫画が好きで、漫画では美人はこんなに人に優しくされたりモテたりするんだから、私は客観的に見てブスなんだろうと思ってた。

思ってたのだが、数年ぶりの友人に会って「変わらないね」と言われた。
化粧覚えて身綺麗にしたつもりだったが、やっぱブスのままか…ってガックリしつつ話をしてたら
何故だか話すにつれ私の話になった。
何か私は学生の頃、何人かに虐められた思い出しか無いが(去り際にブース!とか)、クラスで惚れた奴の定番ネタだったらしい。
私は何度も虐められた内容を先生や友人に話したが、誰も理解されなかった辛い経験ならある…。と思いつつ、よく分からないまま話を進めて、
最後に友人から「あんたさ、すっごくキツそうな美人な顔立ちだから、謙遜した言い方されると嫌味に聞こえる」
と言われて、んな馬鹿な。と思ってその時は別の話題に変えた。飲み会は普通に楽しかった。

数日経って友人にそう言われたのが気になって、まさかなと思いつつ会社で喋り方をちょっと変えた。
今まで容姿について何か言われたら「いえいえ、〇〇さんの方がかっこいいor可愛いですよ」とか言ってたのを止めた。
要するに態度は変えてないけど、寧ろ「それはありがとう」みたいな言い方するようにした。
とりあえず、人間関係に支障が無い程度で、漫画で見るような顔のキツイ美人のキャラを演じてみることにした。
今まで資料貰ったら「すみません、ありがとうございます」と言ってたのを「これ、ありがとう」。
突然MTGに呼ばれたら「すみません、今行きます」を「今出先なんです。戻るまで待ってて貰えますか?」
帰社時「すみません、お先に失礼します」を「時間なので帰ります」みたいな感じで。

そしたら、会社ではいつの間にか、同僚も離れていき、友人もいなくて、仲良い男性も居なかったんだが、お誘いが来るようになった。
その内の仲良くなった一人と飲んでたら、ポロッと
「昔私さん苦手だったんだよね、こっちが何か話すと小馬鹿にした態度で謝ってくるからさぁ」
前の私だと「そんな事ないよ!でもそう思わせたならごめんね」って言ってたが試しに
「それって私と仲良くなかったから〇さんが勘違いしたんでしょ」って言ってみたら「あっ!そっか~」と笑顔で言われた。

個人的には今の方がかなり小馬鹿にした態度を取ってるから、いつも誰かと話す時ドキドキしてるんだけど、
周りの人からしてみれば、今の方が取っ付きやすいらしい。
私が本当にキッツイタイプの美人の顔に見えるのかは本当に分からないが、かなり衝撃を受けてる。


627: 名無しさん@おーぷん 20/03/24(火)23:05:14 ID:xY.1e.L10

>>626
悩みながら苦労して生きて来たのだな、と読んでいて感じたよ
貴女はまず間違いなく美女なんだと思う
新たなと言うよりも、本来の自分の姿でのこれまでとは違った世界が開けたのだと思思う
良かったじゃないですか
これからは楽に行こう


628: 名無しさん@おーぷん 20/03/24(火)23:07:16 ID:xY.1e.L10

すみません、打ち間違えました
思思う ??
思う ◎


629: 名無しさん@おーぷん 20/03/24(火)23:46:09 ID:Bj.qc.L13

あまりに腰が低すぎるって感じる同僚がいる
容姿は普通だけど、謙虚というより卑屈に見えて
イラッとするというか、嫌悪も感じて近づきたくない
そんな感じだったのかもね


[ 2020/03/26 11:33 ] 衝撃体験 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ouchiusagi

Author:ouchiusagi
もふもふとおうち関連をぼちぼちまとめます。時々荒ぶるかも。
週末はほろりとくる話を多めにしております。
(・ω・)ノヨロシクネ
ツイッターはじめました@ouchiusagi

add
カウンター
人気記事
逆アクセスランキング
こちらもどうぞ