衝撃体験 ウサ速
FC2ブログ

ウサ速

ウサギ成分多めのまとめサイト 家庭・既女・育児・生活などなどからまとめています。(おーぷん2chはじめました)

ブゥワーお見合いしたら相手がフゥワ~笑ってもうグゥワ~腹立ってぇ~!

wedding_omiai.png

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その24

378: 名無しさん@おーぷん 2019/02/16(土)19:00:25 ID:kfj

昨日の夜、仕事終わってから人生初のお見合いしたw
私26、相手の男34。
母が習ってるお花の先生から来た話で、断れないから会うだけ会って~って母に頼まれて
気乗りしなかったけど春のコート買ってくれるって言うから乗ったw
指定のホテルラウンジで私&私母、相手男&相手男母、お花の先生と5人で会って
簡単に互いを紹介し合ったあと私と相手の男だけ残してみんな帰って、
その後ホテルのレストランに移動して食事した。
なんせお見合い初めてなので、流れも何も分からずついて行っただけだった。
相手の男、ひょろひょろと細くて背の高い人で
ビジュアル的に嫌な印象はなかった。清潔感もあったし。
ただ、食事しながら話をするととにかく擬音が多い。
「この間、〇〇にバーと行って車バンって降りて、ブァーって歩いて行ったら~」みたいな感じ。
とにかくバーとかブァーって擬音が無茶苦茶多くて、
つい頭の中で「おまえは千原ジュニアかっ」と突っ込んでしまったら
なんかおかしくなって、ちょっと笑ってしまったんだよね。
笑うって言ってもクスってぐらいだったけど、瞬間に話が止まって
「僕、なんか変なこと言いましたか?」って言われたんだけど
その言い方が明らかに気を悪くしてるふうだった。
確かに人が真面目に話してる途中で笑ってしまったのは失礼なことだったと思い
「すみません、変なことを言ったとかじゃなくて、なんか楽しくて」って言ったら
「楽しい話なんかじゃなかったでしょ!失礼だ!」ってマジで怒り出した。
「すみませんでした」って謝るしかなくて、以降お互い一言もしゃべらなかった。
で、さっさと食事済ませたあと、ひとりでタクシーに乗って帰って行っちゃった。
私は近くの地下鉄駅まで歩いて、そこから電車で帰ったので帰宅したのは約一時間後。
帰宅したら母に「あんた何をしたの!?」って言われて「???」ってなった。
既にお断りの電話が入ってたwww
母は母で、帰宅した途端に先生から連絡があって
「先方がフィーリングが合わないって断ってきたんだけど、ずいぶん早くて驚いてる。
お嬢さん何をしたのかしら?」って心配してたそうで、母もびっくりしてたらしい。
なのでこういうふうだったんだけど、って食事中の話をしたら母爆笑。
結果的に向こうから断ってくれたのは面倒にならずに良かったんだけど
バーブァー男の癖にプライドだけは高くてなんかムカつくw

ちなみにそのお花の先生も、色んなところから縁談を頼まれるらしく、
今日母と先生が電話で話したあと、先生から「妙な子、紹介してごめんね」って謝られたw


379: 名無しさん@おーぷん 2019/02/16(土)19:07:47 ID:zCG

>>378
お疲れ様
人生をともにする前提なんだから、ちょっとしたことでも笑って楽しんでくれる人の方がいいと思うんだけどねぇw


380: 名無しさん@おーぷん 2019/02/16(土)19:19:03 ID:kfj

>>379
うん、そのまま一緒に笑ってくれる人だったら
ちょっと考えたかもしんない。


381: 名無しさん@おーぷん 2019/02/16(土)19:59:06 ID:KVT

>>378
普段からそいつって誰に対してでもそんなすぐ不貞腐れるオボッタマなのかね
同僚とかからも面倒臭い千原ジュニアもどきとウザがられてそう


382: 名無しさん@おーぷん 2019/02/16(土)20:37:15 ID:ATf

お花の先生の目が節穴で笑うっきゃないな


スポンサーサイト
[ 2019/02/16 21:15 ] 衝撃体験 | TB(0) | CM(0)

私の口座に冬のボーナスが振り込まれていない!私にも貰う権利がある!

saiban_futouhanketsu.png

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その24

358: 名無しさん@おーぷん 2019/02/14(木)07:24:31 ID:K7a

元同僚にヒステリー持ちのキ〇ガイ女(50代 仮名キチ子)がいた。

報告が多少前後した(キチ子より先に後輩に業務連絡をした等)程度で
「私の方が先輩だから後輩よりも私にまず報告すべきでしょ!」と癇癪を起こしたり、
キチ子が何かトラブルを起こしたら「私にこの仕事を任せた上司が悪い!」と逆ギレし、
かと言って面倒臭いので最低限の仕事以外仕事を任せないと
「私に仕事を与えないのは差別だ!」とヒステリーを起こし、
しまいにゃ定食の味噌汁の温度にまでキレて、昼食時に食堂で延々と喚き、
風邪のために内科を受診したら何故か「貴女は心療内科に行け」と医者に言われたこともある等
まさに絵に書いたようなキチ〇イだった。

これまで勤めていた会社でも似たような問題を起こしては1年程度で退職を繰り返し、
案の定というかうちの会社でも次第に周りから距離を置かれて疎まれるようになり、
昨年11月、キチ子は就職から1年弱で退職することになった。

キチ子が辞めてからは平穏な生活が戻ったが
先月、キチ子が何の前触れもなく突然会社に乗り込んできて
般若のような顔でこう喚いてきた。

「私の口座に冬のボーナスが振り込まれていない!私にも貰う権利がある!
 これは違法だ!金を出せ!出さないなら職安や労基に言って訴えてやる!」(ほぼ原文ママ)

突然のことに皆呆気に取られていたが、すぐに上司が出てきて、
「就業規則で12月まで勤めていないと冬のボーナスは出せないことになっている」
と説明するも、キチ子は納得せずに更にヒートアップ。
「違法だ!」「訴える!」「なら11月分まででいいから出せ!」の一点張り。
途中で上司に引っ張られて応接室に入っていったが、
そこでもドア越しでも聞こえるくらい延々と2時間くらい喚き散らしていた。
散々喚いた後、キチ子は「次来るときは裁判沙汰になることくらい覚悟しろ!」と吐き捨てて出ていった。
キチ子が帰った後、上司が一言「あそこまでのキチ〇イは初めて見た」

そしてその夜、俺の携帯にもキチ子から電話がかかってきて
「私がボーナス貰えないってどういうこと!」といきなり食ってかかってきた。
キチ子在職中もこういったキチガイ電話が月に何度もかかってきて、
その時は一応同僚なので話を聞いてなだめてはいたけど、
辞めた後もキチ子と関わりたくないので「私はそのことについては何も知らない」
と言って電話を切り、人生初の着信拒否設定をした。
なんでもその日、他の同僚にもキチ子からのキチガイ電話がかかってきたらしい。

風の噂では、キチ子はあの後、ハロワや労基、弁護士事務所などに行って、
うちの会社を訴えてボーナスを貰う相談をしているらしいが、
どこでも門前払いを食ってはヒステリーを起こして出て行く・・・を繰り返しているらしい。
そのうちマジで精神病院に強制入院されることになるかもな。


359: 名無しさん@おーぷん 2019/02/14(木)07:48:06 ID:Khh

>>358
勤め出して1年足らずで先輩ヅラとは(呆然)


361: 名無しさん@おーぷん 2019/02/14(木)07:55:56 ID:K7a

>>359
上司曰く「キチ子は下っ端なのに言うことや態度だけは社長級」だったからな


362: 名無しさん@おーぷん 2019/02/14(木)09:01:04 ID:3O9

(;-Д-)ウヘァ


[ 2019/02/14 23:27 ] 衝撃体験 | TB(0) | CM(0)

何も取り柄のない私が誰かの支えになれたという思い出

text_kansya.png

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その24

339: 名無しさん@おーぷん 2019/02/11(月)10:34:52 ID:uWh

大学時代ファミレスでバイトしてたんだけど、そこに17でフリーターの女の子がバイトで入ってきた。
鈍臭くて失敗ばかり、17のフリーターだから周りの高校生バイトとも馴染めない子だった。

私は休憩が一緒になることが多くて、色々聞いていると、父親の再婚相手と上手くいかずに家出、出会い系で知り合った男のところに転がり込んでいると言う。はっきり言って、地味な彼女の行動力に驚いた。

数カ月後、彼女がバイトを無断で休んだ。
すると突然「私さんはいますか?」と店に警察がやってきた。
彼女の親から「娘と連絡がつかなくなった」と捜索願いが出ている、彼女を知らないかと。なぜ私を名指し?と疑問でいっぱいだった。
結局、彼女は「金を渡さない」という理由で同棲相手から暴力を受けて押入れに閉じ込められていた。

翌日、遠方から彼女の親がやってきて私に手紙を見せてくれた。
手紙には私のことがたくさん書いてあった。馴染めないバイト先で話相手になってくれた、誕生日にケーキをご馳走してくれた、など私が忘れてるようなことも細かく書いてあって「辛いことがあっても、私さんが居るから頑張れる、私さんのようになりたい」と。

同棲相手は逮捕、彼女は父親と田舎に帰って行った。
数年後、彼女は地元の板前さんと結婚したと聞いた。
突然警察がやってきた衝撃と、何も取り柄のない私が誰かの支えになれたという思い出。

長くなってすみません。


340: 名無しさん@おーぷん 2019/02/11(月)11:37:31 ID:WG8

>>339
>父親の再婚相手と上手くいかずに家出、出会い系で知り合った男のところに転がり込んでいる
>彼女は「金を渡さない」という理由で同棲相手から暴力を受けて押入れに閉じ込められていた

こういうのを「行動力ある」とは言わないでしょう。


341: 名無しさん@おーぷん 2019/02/11(月)11:52:38 ID:So6

>>339
まあ、確かに本人にもいくつもまずいところはある。
>数年後、彼女は地元の板前さんと結婚したと聞いた。
これからは幸せな人生になって欲しいよね。

>何も取り柄のない私
とんでもない。
あなた良い人だよ。彼女も周囲の人達も救われた。 
貴女ももちろん幸せになってね。


[ 2019/02/11 22:37 ] 衝撃体験 | TB(0) | CM(0)

充電した携帯を「これ!見て!」って差し出すのね

kaden_keitai.png

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その24

335: 名無しさん@おーぷん 2019/02/10(日)11:23:22 ID:UEo

義父母共に亡くなって空き家になっていた義実家を処分することになって、
半年ぐらい前から義姉と私で、まずは細かいものから整理をしている。
不謹慎かも知れないけど、「宝探しみたいだねw」とか言い合って
義姉と一緒に商品券やら小銭やら見つけてはリビングのカゴに集めてた。
義母は片付け下手な人で、色んなところに財布やお金の入った封筒やら散らばってるもんだからw
ちょっと前にはお歳暮か何かで貰ったらしいデパートの商品券が包装したまま5万円分もあって
きゃあきゃあ言いながら半分こしたw(そこらへんは旦那も了承済み)
そんなふうに結構楽しんでて、そのノリでこの間も一緒に整理してたんだけど
そしたら携帯がひとつ出てきたの。
義父の携帯も義母の携帯も、亡くなったあとにそれぞれ解約してるし
義姉が言うにはふたりとも機種変したら古いやつはショップで引き取って貰ってたらしい。
結構古い感じのデザインのガラケーで、きっと思い出か何かがあって
これだけ残しておいたんだろうねって納得してた。
で、義姉が写真とか残ってたら見たいって言って、
古い携帯を充電してくれるサービスを利用して充電してみた。

後日、義姉から「私ちゃん、ちょっとそっち行っていい?」って震えた声で電話してきて
何事かと思ったら、うちに来るなり充電した携帯を「これ!見て!」って差し出すのね。
なんか只事じゃない雰囲気に手が出なかった。「え?なになに?怖いんだけど!」って。
それで義姉が少し冷静になって、話してくれた。
どうもその携帯、義母のでも義父のでもないらしい。
メールが2通だけ保存してあって、ひとつには「Aは施設に入ったよ」の一行のみ。
もうひとつは「わかりません」の一行のみで、どちらもタイトルはなし。
誰からのメールか署名もない。(続きます)


[ 2019/02/10 22:51 ] 衝撃体験 | TB(0) | CM(0)

ローリング入店&退店

mat_undou.png

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その24

318: 名無しさん@おーぷん 2019/02/08(金)19:21:25 ID:Q58

大学生の時にコンビニで深夜バイトしてた。
その日は店長とふたりだったんだが、店長は事務所でなんやかややってて俺は店にいた。
深夜1時半ぐらい、客が誰もいなくて棚の並びを整理し終わってレジのあるカウンターの中に入った途端に
ドアが開いた音がしたので視線を向けると勢いよく男が駆け込んできたんだが、
店内に入った途端につんのめって転がり、レジ前の簡易棚(?)に激突し、棚をひっくり返したあと
同じテンションで入口から外へ飛び出して行って戻ってこなかった。
あっけに取られてピクリとも動けず、「いらっしゃいませ」も言えなかったんだが
店長が音にビックリして出てきて、一緒にカウンターの外に出てビックリ。
包丁が転がっていた。
そう言えば、男はニット帽被ってマスクを装着してた。
冬だったから怪しいとは思わなかったが。
店長と一緒に防犯カメラを確認したら、駆け込んで来た時、手には確かに包丁を持っていた。
あまりにワチャワチャしてたから全然見えなかった。
もしもっと冷静な強盗で転ぶこともなかったらと思うとゾッとしたが、トロい強盗で良かった。
でも警察には届けたけどたぶん犯人は捕まってないんだよなぁ。


319: 名無しさん@おーぷん 2019/02/08(金)19:41:37 ID:5qa

>>318
なんじゃそら迷惑な…と思ったらこわっ!
怪我とか無くて良かったですね。


[ 2019/02/08 23:32 ] 衝撃体験 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

ouchiusagi

Author:ouchiusagi
もふもふとおうち関連をぼちぼちまとめます。時々荒ぶるかも。
週末はほろりとくる話を多めにしております。
(・ω・)ノヨロシクネ
ツイッターはじめました@ouchiusagi

kindleベストセラー
add
カウンター
人気記事
逆アクセスランキング
Amazon特別キャンペーン
amazon特別キャンペーン
こちらもどうぞ