因果応報 ウサ速

ウサ速

ウサギ成分多めのまとめサイト 家庭・既女・育児・生活などなどからまとめています。(おーぷん2chはじめました)

うちの近所に、学歴主義のオバさんがいる

引用元: ・奥様が語る因果応報

352: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)10:47:05 ID:cF0

うちの近所に、学歴主義のオバさんがいる
主義だけなら個人の勝手だしどうでもいいんだけど
私の母が中卒なのを知ってて、ネチネチ嫌味を言って嘲笑ってくるのに困ってた
中卒だろうと何だろうと、手に職つけてバリバリ働いて、家事も上手な母に恥じる点など無いんだけど
母には学歴コンプみたいなのがあるようで、イジメに遭うと結構凹んでた

その嫌味っていうのが
「親に教育が無いと、子供の知能の伸ばし方が分からなくて可哀想ね~」
「親の知能は子供に遺伝する。まともに学校に行かれ無い知能を遺伝させて子供が可哀想ね~」
みたいな、子供をダシにするもので、
母もスルーしようと思いつつも、つい「私のせいで子供たちに迷惑をかけてるのでは」と不安になってしまうらしい
それなら私が、オバさんの妄言を否定できるほど優秀になればと頑張ったけど
なにしろババアの家の一人息子(私と同年)は地域でも評判の秀才。
かなうはずもなく、結局その息子と比べられてはオバさんに馬鹿にされ
「中卒のお母さんのせいね~ 可哀想~」と嘲り笑われ
母は「娘たち、馬鹿な母ちゃんでゴメン」私達は「不甲斐ない娘でゴメン」ギギギ となる事がたびたびあった

何月が経ち、オバさんの息子は東大を卒業、一流企業に就職。オバさん得意の絶頂
更にその数年後、息子結婚。嫁さんは東大卒エリート。
嫁さんの金で家をリフォームして同居開始。オバさん超天狗になって近所に自慢しまくり

続きます


スポンサーサイト
[ 2016/11/16 09:56 ] 因果応報 | TB(0) | CM(0)

自分たちの行いが、そっくりそのままかえってきた

引用元: ・奥様が語る因果応報

279: 名無しさん@おーぷん 2015/07/15(水)21:54:15 ID:1n1

私の実家は母子家庭で貧乏だが、家訓が「食べることと身だしなみには妥協しない」だったので、私には22で結婚しても困らないだけの家事スキルがあった。40近くに嫁いだものの、あまりの家事のできなさに愛想を尽かされて返品された自分の娘との差をよく嘆いていたものだ。
今からでも遅くないと、義姉を矯正しようとトメが手を尽くしたもののすべてムダだった。
義姉はウトメの貯金を使って遊ぶのに忙しく、家事も育児もしない人だった。

義姉子はウトメが養育したのだが、ウトは何かと義姉子に金を与える祖父で、孫が何を望んでいるのか考えられない残念な人だった。
たとえば、義姉子が「ハンバーグ食べたい」と言えばレストランに連れて行くか、トメか義姉にデパ地下に買いに行かせるような人。
義姉子は「ママといっしょに作ったハンバーグを食べたい」と思っていたことを終ぞ理解できなかった。
(この子は後年うちで育つのだが、何気ない家事をいっしょにやるたびに泣きだした。ずっとこういう風に、お母さんのお手伝いがしたかったって)

トメが私に料理やハンクラを習ったのも、義姉子には自分たち夫婦が義姉と夫にしてきたような他人任せの育児をすまいっていう思いが強かったからだと思う。上履きを入れる袋や子供の縫い物を慣れない手つきで縫っていた。
「この子はまっとうに……」っていうのがトメの口癖だった。

家事ができない義姉だったが、対面的には「いいお母さん」でいたいらしく、結婚当初からアポなし凸は時々あった。
目当ては、私が作る料理やお菓子、ハンクラなど。うちから盗って行ったものを自分が作ったと実家周辺や義実家に配ったり、自分の子に宛がったりする。
最初のうちは時々だし、また作ればいいかと私も楽観していたのだが、義姉が返品されてからは週に何度もやってくるようになった。

うちの真ん中の子は、当時ある持病を抱えていて、服用していた薬のせいで一部の保存料と合成調味料が受け付けなかったため、口にいれる物はすべて私が手作りしていた。実家が祖母の代から手芸店を営んでいたこともあって、ハンクラは子供の頃からの趣味だった。
それらをハイエナのように狙ってやってきた。

ハンクラは別にどうでもよかった。趣味でやっているものだし、針に糸どころか、ミシンの使い方も知らない人が「自作」と言って募穴を掘っても自業自得だから。
ただ、冷蔵庫を漁り、ごっそり持ち去るのは困った。冷蔵庫に作り置きしていたこれらは、既製品を食べられないうちの子のためのもので、目玉焼きも作れないダメ母の見栄を満足させるためのものではなかった。


[ 2016/11/15 22:37 ] 因果応報 | TB(0) | CM(0)

君の俳優生命はもうおわったんだよ

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板  6

713: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:14:50 ID:z8A

広瀬すずちゃんの発言が問題になってるみたいだし、それに因んだことでも。
がっつりフェイクいれてる。

もう転職しちゃったけど、私は数年前まで芸能関係の仕事をしていた。そこで出会った俳優Aの話。
Aは正統派のイケメン。演技も悪くなくて表面上は使いやすい人材だった。
舞台を中心に活躍していて雑誌にも出ていたし、ファンも一定数いた。
ただ、性格に難ありだったのね。とにかく横柄だし、共演者の悪口も好き放題。権力者には超媚びる典型的な小物。
私も何回も嫌な思いした。
鮮明に覚えてる嫌がらせは、お酒の席で財布の中身を漁られて、ビールジョッキに免許証とクレカをいれられたこと。
でもまあ、芸能人と関わっていて、いちいち傷ついてらんないから、Aからどんなことをされてもスルーできた。

Aが芸能界を志した理由は某シリーズで主役をやること。
ただ、実はこの主役、公にはされていないけどオーディションには厳密な年齢制限と芸能事務所との兼ね合いがある。
Aは毎年受けていて、毎回いいところまでいくんだけど、諸々の事情で最終的には落ちていた。サブの役すら不幸にも漏れていた。
年齢制限最後の年になったときに、ついにAにチャンスがまわってきた。最後の2人まで残ったのだ。
事務所の都合も問題なくて、今回はAが主役をとるだろうとみんな思っていた。

そのとき、私の仕事は奇しくもAがオーディションを受けているシリーズの担当だった。
で、制作の飲み会のときに、選考委員に言ってやったよ。
「私は何度もAと仕事をしていますけど、Aがいると現場の雰囲気が悪くなりますよ」と。
その後は、淡々と今までAにされたことを説明した。選考委員はずっと難しい顔をしていた。
結局、Aはオーディションに落ちた。本人は合格したと思っていたから、抜け殻みたいになってたよ。
マネージャーからも受かったことを前提でスケジュールを組まれていたみたいだし。
当時、私にはキャストの人事権なんて大層なものはなかった。ただ、人事権がある人間に「個人的に意見をできる立場」ではあった。
今、Aがどんな仕事をしてるか知らないし興味もない。ただ、Aくん、君の俳優生命はもうおわったんだよ。
デビューしたばかりのときに女の子たちからちやほやされて勘違いしちゃったかな?

もしかしたら私が選考委員に言ったことは、Aが主役に落ちたこととはまったく関係なかったかもしれない。
でも、周囲の人間に振る舞ってきた言動が、最終的に役を勝ち取る上で重要なファクターになった例を私は何度も見ている。

広瀬すずちゃんの話に戻るんだけど、あれ、すごーく不思議なのは、あの場面がカットされなかったってことなんだよね。
10代の子なんて男女問わず失言だらけなんだから、チェックなんて何重にもする。
彼女の発言なんてかわいいもんで、彼女から憐れまれるような仕事をしてた私だけど、何とも思わない。
考えられることは一個しかない。業界内に彼女を潰したい人間がいるんだよ。どう考えても故意。

あなたがどんな子かは知らないけど、私みたいなのに潰されないようにかんばってね、すずちゃん。 


716: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:46:22 ID:l7Y

昔バイトしてた飲食店にたまに芸能人きてたけど、店員に腰低かった人の好感度は一気にあがったわ
テレビでは毒舌キャラみたいな感じだったのに
逆も然り
いい人なのは画面の中だけだったのねと勝手に幻滅した
芸能人って大変な仕事だね
自分ならすぐ病む自信ある


717: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:47:21 ID:E7M

>>713
彼には周りを味方につける実力がかけていた
それだけなんだけどそれが一番必要なものなんだよね


720: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:56:41 ID:z8A

>>717
上からの評判は悪くなかったんだよね。
彼が下っ端だと認識した人間には酷い行動してたけど。
まさか私が彼の一番やりたかった仕事に関わってたなんて、その時は思いもしなかったんじゃないかな。

でも、それこそ彼が見下してた技術職って、下っ端がそのまま持ち上がって偉くなるから、
いつか復讐めいたことされるかもって想像できなかったんだろうか。そこまで頭回んなかったのかねえ。


727: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)19:46:14 ID:3L2

>>720
国生さんがそんなようなこと言ってたねー
おニャン子の頃ADさんたちは下っ端だと思って見下して横柄な態度とってたから
そのADさんたちが今偉くなって番組作ってるけど呼んで貰えないとか
…まぁ彼女の場合それさえネタに出来てるんだからたいしたもんだけどww


[ 2015/06/21 20:20 ] 因果応報 | TB(0) | CM(0)

やさしい悪魔

引用元: ・因果応報かんじたとき

105: 名無しさん@おーぷん 2015/02/18(水)16:08:56 ID:L3l

因果応報かDQNか迷ったけどこちらに書き逃げします。

前置きとして、うちの長男には軽度の発達障害があります。
長男が幼稚園の時になんとなく「あれ?」と思う事が増え、診断が出た時はやはりという気持ちでした。
幸いな事に幼稚園や小学校の先生をはじめ、保護者の方々からも理解を得られてここまで来れました。
たくさんの理解という支えのおかげで長男の長所や伸ばしたい部分が埋もれずに済んだと言っても過言ではなく、理解してくださった人全員には感謝してもしきれません。
そんな長男は今年中学生になります。

私の母には兄がいるんですが、この兄嫁は昔から小姑にあたる母を勝手に敵視していたところがあり、夫である私の父に先立たれて弱っている母に「これからどうするつもり?こっちにも子供がいるんだから頼らないでね!」と言い捨てたりもしたそうです。
もちろん母は兄であろうと頼らずに働いて私と妹を育ててくれました。
こんな人ですから、私の子が発達障害と知ると「無駄な命かどうかは生まれてみないとわからないもんね~」と言う期待通りの行動をしてくれました。
それ以上に理解の方が大きかったので、母兄嫁の言葉は記憶には残ってもダメージにはなりませんでしたが…
(※後からわかったのですが、自分より先に孫ができた母に嫉妬してたようです。)

そんな母兄家も数年前に娘(イトコ・母兄嫁から洗脳ズミで私たちに対してもなかなかの性格)が40で13歳下の旦那さんと授かり婚して孫ができたと大喜びでした。
それまでは親戚が集まる機会でチクチクした嫌味もありましたが、孫娘が生まれてからはすっかりバァバの顔になり、孫に夢中で母や私に嫌味を言う暇がなくなったのかしばらく双方平穏に過ごしてました。


[ 2015/02/18 21:39 ] 因果応報 | TB(0) | CM(2)

夫も私も、自分が親になってみて自分の親がよくわからなくなった

引用元: ・因果応報かんじたとき

90: 名無しさん@おーぷん 2015/02/07(土)01:07:32 ID:r0m

親の因果応報に便乗。
最初に謝るけど長いです。
読みたくない人はすみませんが飛ばしてください。

私と弟、今思えば放置子だった。
母親(専業主婦)は子供にギリギリまで外にいる事を望み、子供らが学校行ってる間に家事をやる。
やれやれと思ったら子供が帰宅する時間。
宿題は晩御飯食べてからでいいから外で遊んでと笑顔で追い出される。
キレイになった家で一人静かに過ごす至福の時を邪魔されたくない一心だったのは子供ながらにわかってた。
「(近所の)○○ちゃん誘って公園行きなさい」
と言われてその通りにする。
最初はニコニコしてくれてた○○ちゃんのお母さんも次第にいい顔しなくなる。「今日は(遊ぶの)やめよう」と。
放置子なりのルール、やめようと言われたらもうその家のピンポンは鳴らせない。
その家のお母さんのあのウザそうな顔にもう耐えられないから。
弟は弟でスーファミある家にハシゴしてはウザがられて一軒…また一軒と行ける家を失う。

夕飯が終わったらすぐ自室に行くよう言われる。
テレビデオ買って部屋に置いてくれてた。
当時はドラマの家なき子を毎週録画して、次週の放送まで毎日それを見てたなぁ。

雨の日は外で遊べない。
当然母は機嫌が悪く、ずっと怖い顔をする。
こっちもそんな顔されるのは辛い。
だから私も雨の日は嫌いだった。


91: 名無しさん@おーぷん 2015/02/07(土)01:32:25 ID:r0m

ご飯は食べさせてもらえてた。
「あんた少食だからお母さん助かるわ」
って面と向かって言われた。
だから食欲がある日でもう少しご飯を食べたい日でも黙って食事を終えた。
ごく稀に外食もしたけれど、リクエストなんかただの一度も聞かれた事がない。
親にとっても外食は数少ない楽しみだったから常に親の行きたい店に無言で連れて行かれる。
蕎麦屋や中華屋がほとんどで、中華屋でも親が食べたい物だけ頼んで「さぁあんたらも食べなさい」。
小学生に本格派のエビチリはキツイ。
基本親が勝手に取り分けた物だけ。
唐揚げもう一個欲しかったけど言えなかった。
弟もそう思ってたようで「楽しいはずの外食なのに本当に辛かったよな」と最近ポロっと。
前の晩~朝食でご飯足りなかった日はお腹空くから給食でおかわりしたかったけど、小学校の高学年にもなれば女がおかわりするのは恥ずかしいって風潮が出始めるから学校に居づらくなるのはまずいから保身を選んで食べる事は我慢した。

一軒家に住んでたし汚い服装でもなかったけど、常に私の服は4つ下の弟にお下がりする前提でしか与えられなかった。
すべてジャージ。青、黒、紫…
体育のない日はピンクのトレーナーの下に白いブラウスを重ね、下はスカートで登校してくるクラスメイトがすごく羨ましかった。
中学になったら指定ジャージが私服。
日曜に友達と遊べなかった。
だって服ないからw
休みの日に学校のジャージ着て行くとか…ねぇ。
だから基本平日の放課後しか遊ばなかった。制服やジャージ着てても不自然じゃないから。


[ 2015/02/08 09:17 ] 因果応報 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

ouchiusagi

Author:ouchiusagi
もふもふとおうち関連をぼちぼちまとめます。時々荒ぶるかも。
週末はほろりとくる話を多めにしております。
(・ω・)ノヨロシクネ
ツイッターはじめました@ouchiusagi

add
カウンター
人気記事
逆アクセスランキング
Amazonファミリー
amazon特別キャンペーン
こちらもどうぞ