恋冷め ウサ速
FC2ブログ

ウサ速

ウサギ成分多めのまとめサイト 家庭・既女・育児・生活などなどからまとめています。(おーぷん2chはじめました)

ダルビッシュはワシが育てた

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間 Open 9年目

22: 名無しさん@おーぷん 19/09/03(火)05:34:46 ID:JQO

元彼の自慢話のガチトーンに引いた話

ある時一緒にテレビを見ていたらダルビッシュが出てて
彼が「ダルビッシュや」って言った
その日は活躍した日だったらしく結構長めに映ってて
「メジャーやですごいな!」とか言ってどうしてもダルビッシュの話がしたいのか
「あーすごいねぇー」って適当に相槌をうったら

「俺、ダルビッシュからHR打ってんで!(ドヤッ)」ってされた
そのあとに「ま、小学校の時だけどな。あの時が俺の野球人生の頂点だったわー」とか言われてたらなんとも思わなかったけど
かなりのマジトーン
完全に『え?ダルビッシュでしょ?え、HR?すごーい』を期待してる目
けど、彼がダルビッシュの球を打つことができるのは小・中のどちらか
全羽曳野ボーイズは硬式野球だから小学校の話?ってことは軟球?
たしかダルビッシュって小学生の頃球が速すぎて捕球できるキャッチャーいないから
一時的にコンバートしてたような…ってことは全力の球じゃないんじゃん?とかいろいろ考えてた

反応しなかったら「大根切り!(ドヤッ)」って説明し始めた
それ、もうまぐれ当たりじゃん…しかも小学生の守備範囲だったら割とヒットにはなっちゃうよなぁ
そんな出来事を本気で俺、すごいやろ!ってテンションで話せるメンタルに引いた

関西人で話を盛る癖はあったけど、盛ったところで全然ウケてなくて、それをいじられてた
いじられキャラを自認してるのかと思ってたけど、どうやら違うなってのが見え始めて、
決定打がダルビッシュだった

別れてから話を盛るというより虚言癖に近いなって思ったので
HRかヒットかも謎。
仮に打ってたとしても、なぜ、小学生の武勇伝を素面でガチトーンで自慢できるかも謎
次は「わぁ、すごぉい?」って言ってくれるアホな子と付き合うといいよ
って思ってたけど、運転中の車中でデュエット動画をSNSにUPしてくれるような子と付き合ってたので幸せなんだと思う


23: 名無しさん@おーぷん 19/09/03(火)08:10:35 ID:aQ7

>....幸せなんだと思う
適材適所。
割れ鍋に綴じ蓋

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダルビッシュ有 (侍メジャーリーガー列伝) [ 本郷陽二 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/9/3時点)



スポンサーサイト



[ 2019/09/03 22:37 ] 恋冷め | TB(0) | CM(1)

私は実家にもどり、そのまま戻ってこなかった

hone_kossetsu.png

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間 Open 9年目

7: 名無しさん@おーぷん 19/08/27(火)13:31:18 ID:UnH

百年の恋冷めと修羅場を足したような話だけど。
遠距離恋愛で首都圏から地方の県庁所在地でもない田舎町に嫁いだ時、
その辺りでは同居がデフォだったんだが、せめて子供ができるまではと
その地域では少ないマンションに空きがあったこともあって、しばらく別居させてもらっていた。
新婚2ヶ月を過ぎた頃、夕方お風呂の用意をしようとバススリッパに足を入れた途端に
滑って片足だけズズッと向こうに行って(いわゆる股裂き状態)派手に転んだ時に
お風呂と洗面所の境目の敷居で腕を強打した。
身体が横になってて、腕を身体で勢いよく押しつぶした?ような感じ。
自分で折れたのが分かった。
1㍉動いても激痛が走るなかでどうにか仰向けになったが、そこから全く動けない。
ヘタに動いて神経を傷付けたらって思うとそれが怖くて動けなかった。
当然携帯電話もそばにないし、換気口を通して誰か気付いてくれないかと
助けを呼んでも無駄だった。
旦那(“元”は省略)が帰ってくるのはいつも7時過ぎだからそれまでの我慢と思って耐えた。
冬だったからすぐに真っ暗になって、ようやく旦那が帰ってきた。
いつもピンポンが鳴ってから私が玄関の鍵を開けて迎えてたから(鍵は持ってる)
「自分で入って~」って声掛けても、もう疲れて辛くて大きな声が出なくて届かなかった。
3度目ぐらいには激しくピンポン鳴らされて、それから鍵開けて入ってきたんだけど
「なんだよー専業主婦の分際でどこ遊び歩いてやがんだ、クソがっ!」って言葉が聞こえて
この時点ではまだ気付いてないから仕方ないのかも知れないけど
それまでこういう言葉を使う人じゃないと思ってたからちょっとショックだった。
で、洗面所に来て電気を付けて私に気付き、一瞬ビクッとなったあと大爆笑。
「なにそんなとこで寝てんだよー」って。
「ごめん・・・折れてると思う・・・救急車呼んでくれる?」って言ったら
漸く事態を把握して慌てて救急車呼んでくれた。
やっぱり上腕部が折れてたんだけど、入院はなしで自宅療養。
その後義父母から「最初から同居してれば良かったのに我儘言うから」と責められた。
新婚のうちは別居したいってのは旦那の希望だったし、私はいずれ同居しなきゃいけないなら
最初から同居の方がいいって言ってたのに、旦那は「だよなー」とか言ってんの。
玄関での悪態と、風呂場で倒れてる妻を見て爆笑したことが頭からずっと離れなくて
それに加えてこの調子の良さに「なんでこの人を好きだったんだろう?」って分かんなくなって
「利き腕骨折して家事出来ないし、私は実家で養生するから
旦那君はしばらく実家で暮らしてください」と言ったらあっさり了解した。
「家事なんか最低限でいいんだし、俺も手伝うから」と言ってくれたら又違ってたかも知れない。
私は実家にもどり、そのまま戻ってこなかった。
離婚を切り出したのは、実家に戻ってじっくり自分の気持ちに向き合って
それでもやっぱりあの爆笑と共に愛情も消えたと思い、半月ぐらい経ってから。
旦那も義父母もさかんに言ってたのは「こんなことなら披露宴なんかするんじゃなかった」って。
恥ずかしい恥ずかしいってそればっか。
たった3ヶ月弱の短い結婚生活だったけど、親にはすごい迷惑かけたなと思って申し訳なかった。
あれから8年経って、再婚して漸く孫の顔を見せる事も出来て
やっと肩の荷が下りた気分。


8: 名無しさん@おーぷん 19/08/27(火)15:15:41 ID:Da0

>>7
本性っていざという場でないとなかなか見えないもんだよね
でも、子供ができる前に発覚してよかった
だからこそ今そのかわいい子供に会えたわけだし、無神経な前旦那や糞トメだったら子供を傷つける存在になっただろうし…
いまの家族と仲良くねー


9: 名無しさん@おーぷん 19/08/27(火)21:55:44 ID:Q29

>>7
うん。幸せになりなよ。


[ 2019/08/27 22:46 ] 恋冷め | TB(0) | CM(2)

彼がお姉さんにお金を渡してるのを見ました

ring_couple.png

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間 Open 8年目

996: 名無しさん@おーぷん 19/08/24(土)15:38:29 ID:NxA

先月、付き合い始めて一年になる彼氏からプロポーズされました。
それ自体は嬉しかったんです。
このまま結婚に繋がればいいなぁと思っていましたから。
その場でOKしました。「よろしくお願いします」って。
それで、お盆休みに彼氏の実家に連れて行ってもらいました。
高速を走って2時間ぐらい。
彼の実家があまり裕福ではないこと、
県営住宅にお母さんが一人暮らししていること、
年の離れたお姉さんがいることは聞いていました。
彼の実家に行くと、お姉さんが来てたので
ああ、弟が連れてくる彼女を見に来たんだな、ぐらいに思っていました。
お互いの紹介のあと少し経って、
お母さんが注文したデリバリーのピザが届いたんですが
お母さんが普通に当たり前のように彼に手を差し出し、
彼が財布を渡し、それでお金を払っていました。
その時に頭の隅っこに何か引っかかりを感じました。
そして3時間ほどお邪魔して帰る時に、彼がお姉さんにお金を渡してるのを見ました。
私に背を向けて隠すようにしてたのが余計に不自然で気が付いた感じ。
1万円札が3枚ぐらいだったと思います。

帰りの車の中で、いくつかプライベートなことを質問しました。
色々引っかかったので、結婚を前提にしてるのなら聞いても失礼ではないだろうと思ったので。
お母さんは今働いてるの?とか、お姉さんは何処に住んでるの?とか
旦那さんはサラリーマン?とか、そんなこと。


[ 2019/08/24 23:22 ] 恋冷め | TB(0) | CM(0)

「お前がどれだけいい女か今更になって思い知った。やり直したい。なにもない俺だがついてきてくれるか」 速攻で断った

syougi07_kinsyou.png

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間 Open 8年目

985: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)11:46:16 ID:Tyg

若い頃付き合っていた男Aは実業家で小金持ちだった
フツメンだけど背は高くおしゃれだったのでモテモテ
性格は当然自信家で傲慢…ってハーレクインの相手役みたいだねw
二股どころか四股かけられたこともあった
というか、私が浮気相手だったのかもしれない
それでもなぜか嫌いになれず、すっかり都合のいい女となった頃にリーマンショックがコンニチワ
Aの会社はもろに煽りを食らって創業時の苦労が信じられないほどあっけなく潰れた
あんなに羽振りよかったのになあ
挫折は初めてだったのかAはすっかりしょげちゃって、それまでさんざん蔑ろにしてきた私に謝ってすがりついてきたんだよね
他の女はもう金がないと知ったとたん離れていったそうな
「お前がどれだけいい女か今更になって思い知った。やり直したい。なにもない俺だがついてきてくれるか」
速攻で断った
「お前も金が目当てだったのか!」
そう責められて面倒くさくて、ハイハイそうですよー金ない男には用事ありませーん。もう赤の他人ですからサヨウナラと笑って振った
貧乏になったからと言うよりも、私はAのあの女を簡単にないがしろにできたほどの傲慢さとクズさ、自信満々なところが好きだったんだと振った時気付いた
落ちぶれて見下していた女にすがりつくってどんだけプライドないのかと呆れたとたんに気持ち悪くなっだんだよね
冷めたっていうかうへーって幻滅した
その後フェイスブックでたまに接触があったけど全部無視
最後のメッセージは「ありのままの僕を愛してくれる女性を見つけました」だった
おめでとう。よかったねとしか思わなかったのでそのまま返信した
以降接触はない
現在は普通に思いやりある普通の旦那と結婚してるけど、若い頃の男の趣味が痛すぎて今でも笑える


986: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)11:49:31 ID:Tyg

Aがあっさり挫折したのを思い出して、ホリエモンとかサイバーエージェントの社長とか、逮捕されたり離婚したりといろいろやってるけど、
なんだかんだで不死鳥みたいに復活し、景気と世間の荒波を乗り越え稼ぎ続けているんだからすごいと思う
やっぱりあの人等は別格なんだろうな
Aはよくも悪くも普通だったんだろう
おわり。


987: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)16:35:42 ID:UfX

>>985
本当にそんな相手見つけたんなら、いちいち連絡してこないと思うけどなw
なんとなく「このまま結婚しちゃうよ~?いいの~?」ってチラ見感がある


[ 2019/08/24 22:59 ] 恋冷め | TB(0) | CM(0)

なんかもう、この人とはダメだって思った

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間 Open 8年目

991: 名無しさん@おーぷん 19/08/21(水)20:25:25 ID:aNp

過疎ってるのでこっそり投下。

旦那と離婚した時の話。
浮気とか介護とか義母との確執とか、そう言うものは無かったんだけど。

うちは子梨。結婚前から双方に原因があって出来ないことは分かってて
それでも好きだったから結婚したはずだった。
最初の頃は本当に仲が良くて、恋人同士みたいな関係がずっと続いてた。
お互い、不倫みたいなことは大嫌いだったからそれも無し。
義実家は遠方で、義父が再婚して知らない女の人が一緒に住んでるからって
冠婚葬祭以外で帰ることもない。
なので、このままずっとこの人と老後も一緒に暮らすんだと信じてた。

それが3年ぐらい前に急に、分担してた家事を一切やらなくなって
口を開けば文句ばかり言うようになってきたんだ。そして舌打ち。
いつもイライラするように。
最初は何かあったんだろうかと思って、聞き役になろうとしたんだよ。
「どうしたの?なんかあったの?」「聞き役ならいつでもなるよ?」って。
でもそうやって聞くこと自体にイライラするみたいだった。
もしかして何か私がやらかしたのかと思って、
だったら謝るし直すから教えてって言っても「五月蠅い!」って。
だからもう聞くのやめた。
そのうち落ち着いたら元の旦那に戻るだろうと思ってたし、
その時に話を聞こうって思ってた。

一昨年だったっけ、仕事で北海道に行った帰りにトラブルで飛行機が遅延になった。
ニュースにもなった松山千春が機転を利かせて一曲歌ったあの便に旦那も乗ってた。
あんなことがあったなんて知らなかった私は、ニュースでそれを知って
旦那に「大変だったけど、なんか得しちゃったね。いいなー」って言ったんだ。
そしたら「バカヤロウ!」って怒鳴られた。
「あ、ごめん。仕事だったんだものね」って言ったら
「あんなもんは落ちぶれた歌手のただの売名だろ。何が得しただよ」って言われたんだ。
それ聞いてなんかもう、この人とはダメだって思った。
どう感じようと人それぞれだろうとは思うけど、悪意に受け取り過ぎ。

その頃から更に酷くなって、一緒にご飯食べててもテレビ見ながら文句ばかり言ってて
食事が美味しくなくなるから止めてって言うと、じゃあ食うなって感じ。
旦那が家事をやらなくなって、いつも私が作ってたから
作って貰ってるあんたに「食うな」って言う権利ないだろと思った。
それからはもう、仕事帰りにそれぞれ食べて帰ったり、
自分の分だけ作ったり買ったりして、それぞれの部屋で食べてた。
同じ家に帰ってきても、全く別々の生活。
いよいよそれも限界だなと思ったのが、お風呂ぐらいは私が用意して入ったあと
旦那も入るだろうと思ってそのままにしてたんだが
旦那が用意して入ったあとは、しっかりお湯を抜かれてた。
それが何度か続いて、ああもう限界だなって。


[ 2019/08/22 22:27 ] 恋冷め | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ouchiusagi

Author:ouchiusagi
もふもふとおうち関連をぼちぼちまとめます。時々荒ぶるかも。
週末はほろりとくる話を多めにしております。
(・ω・)ノヨロシクネ
ツイッターはじめました@ouchiusagi

add
カウンター
人気記事
逆アクセスランキング
こちらもどうぞ