修羅場 ウサ速
FC2ブログ

ウサ速

ウサギ成分多めのまとめサイト 家庭・既女・育児・生活などなどからまとめています。(おーぷん2chはじめました)

あの時テレビで見た父が最後に観た姿だったりする

baseball_man8_black.png

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その27】

724: 名無しさん@おーぷん 20/01/21(火)11:15:52 ID:gZp

小学生の時、俺・母・兄でメシ食いながら巨人ヤクルト戦を見てた。
そしたら客席に、単身赴任中の親父が映った。
「あ、お父さんじゃん」と言ったとたん、母親がぶっ倒れた。顔が真っ白で吐く息が変な音をたてていてビビった。
それから記憶がおぼろだが、多分兄が救急車を呼んだと思う。
覚えているのは、病室で母方の祖父母が怒っていたことと、父方の祖父母がペコペコ謝っていたこと。
母はすぐ家に帰ってこれたんだが、その後すぐ両親は離婚した。
俺は「俺が変なことを言ったから母が病気になって、両親が離婚した」と思い、夜中に何度も起きるようになった。
その後知ったんだが、父は単身赴任じゃなく浮気して別居してた。
兄は高校生だから薄々知ってたらしい。小学生の俺だけ知らなかった。
親父はあの時、巨人ヤクルト戦を不倫相手と観に行ってたらしい。
突然テレビに父と不倫相手が映り、しかも子供(俺)がそれを観てしまったことで、母はショックを受け過呼吸起こした、というのが真相。
離婚後父は一度も俺らに会いたがらなかったから、あの時テレビで見た父が最後に観た姿だったりする。


725: 名無しさん@おーぷん 20/01/21(火)13:23:32 ID:Z0d

マジかよ原辰なぁ


726: 名無しさん@おーぷん 20/01/22(水)20:06:54 ID:Puk

>>725
だれうま


スポンサーサイト



[ 2020/01/25 20:35 ] 修羅場 | TB(0) | CM(0)

横断歩道で信号待ちしていたら、突然背中を押された

yaruki_moetsuki_businesswoman.png

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その27】

708: 名無しさん@おーぷん 20/01/16(木)11:54:19 ID:TP6

私はある会社の役職についていた。
ある日上司から呼ばれ、不景気で業務を多少縮小することになったので
私が担当している部署のフルタイムパートの中から2人、リストラ候補を選んでくれと言われた。
まぁ言葉はもっと遠回しで柔らかかったけど。
その日から胃が痛くて痛くて。
20代後半から40代後半まで、色んな年代の人が10人ほどいたが
自分が40代なこともあって、再就職が難しい40代の人はなるべく避けてあげたい。
子供の大学進学費用やマイホームのローンの返済などを背負ってる人も多いし。
20代の子も、シングルマザーで頑張ってる人は残してあげたい。
色んなことを考えると本当に胃が痛くなって、500円玉禿げも出来てしまった。
悩んでいたら上司から「あと一週間以内に決めて」と急かされるし。
とにかく私には荷が重かった。重かったけどやらなければならない。
一人は割と早いうちに決まってた。
Aさんと言うまだ20代の既婚女性なんだけど、
ずっと体調悪いみたいで休みがちだったし、出社してきても休憩室で休んでることも度々あって
たぶん本人も納得してくれるだろうと思った。
実際話をしたときも、自ら「いい機会だから体調を戻すことに専念します」って言って
私の立場を慮ってくれたりもして。
問題はもう一人を誰にするかだった。
能力はみんな大差ない。色々考えた挙句、決めたのはBさんって人。
Bさんは30代半ばの選択子梨(本人申告)で、Bさんがやってる仕事では必要ないが
ある資格を持ってる人なので、他の人に比べて再就職の道はあるだろうと思った。
又Bさんは自身のご両親と同居しているので、たちまち生活に困ることは無いだろうと言うのも理由のひとつ。
もちろん実際どうなのかは分からないが、そういうところで判断していくしかなかったと思っている。
Bさんに告げた時、理由も聞いてこず、ただ刺すような視線を寄越して一言も話さず部屋を出ていった。
覚悟はしていたけど、その視線が心に突き刺さって入社以来これほどしんどかったことはない。
ふたりに告げて、それから退職日の調整をすることになってたんだが
ふたりとも翌日から出社してこなかった。
まぁ本人たちからすれば、その気持ちは分からなくもない。


[ 2020/01/24 23:34 ] 修羅場 | TB(0) | CM(0)

そこに愛はあるのかい

medical_zouki_donor.png

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その27】

703: 名無しさん@おーぷん 20/01/13(月)14:50:41 ID:BIa

何年か前に、多分ここで書かせてもらった
その時のことを簡単に書く
ことの発端は、別れて10年以上たつ元カノが、俺が知らない間に俺の子を産んでいたこと
元カノとの関係は、元カノが転勤になって忙しくなり喧嘩が増えて、元カノが別れたがった
俺は未練あって別れてからも何度か連絡したが、返信無しだったから諦めて心機一転引っ越しと携帯変更という感じ
元カノの方は、別れてから妊娠に気づいたが、俺が引っ越し&携帯変更していたから連絡とれず、それで諦めたらしい
ちなみに元カノとは共通の友人もいるから聞けば答えたとは思うが、そこまではしたくなかったらしい
それで、その元カノと俺の子が移植が必要な病気になり、少しでも可能性があるとのことで血縁関係のある俺に連絡が来た
俺はその頃結婚して数年、そろそろ子供がほしいと思っていた頃
色々考えて嫁に全部話した結果、嫁は離婚を選択して、俺はいろいろ考えた上で検査したが適応せずで何もできなかったという話
で、この前、その元カノと俺の子がしんだらしい
一度もあったことなく、写真でしか知らない我が子だ
しかも元カノにも俺にも似てないから、実感もわかない
検査するときも、もし適応したら絶対にあげなきゃいけないぞ、それで後遺症が残ったり万が一俺がしんだら?
俺の大事な人が今後同じ病気になったときに、俺はすでにあげてるからあげられない、そうなっても後悔しないか?
正直全く他人としか思えない我が子のために、そんなことできるのか?と考えて覚悟したうえで検査して、結局適合しなかったから何もできてない
養育費も払ってないし(断られた)、本当に本当に何もしてない
もともと子供は好きでも嫌いでもない
甥っ子姪っ子もいないし、ピンともこない
でも、なんだかとてもモヤモヤする
愛があったかと聞かれたらないと思うが、それでもものすごくモヤモヤする


704: 名無しさん@おーぷん 20/01/13(月)14:51:13 ID:BIa

書いてから気づいたけど、修羅場でもなんでもないな
ごめん、スレチだからスルーしてくれ


705: 名無しさん@おーぷん 20/01/14(火)00:31:13 ID:mFS

>>704
何ともどう言えば良いのか
いや、十分過ぎるとも言える修羅場だ
大変だったろうね
これからのあなたの人生が幸せになるよう祈ります 元気を出して下さいね


[ 2020/01/14 23:45 ] 修羅場 | TB(0) | CM(0)

火つけに来たんだから早くお前の住所教えろ

claimer_obasan.png

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その27】

700: 名無しさん@おーぷん 20/01/10(金)21:33:27 ID:Dj8

修羅場と言っても物理的な修羅場ではないので箸休め程度と思っていただけたら幸い。
後、正直ほん怖スレと迷ったけど、個人的には心の修羅場だったのでこちらに。もちろんフェイクあり。

15年くらい前に働いてたプロバイダのコールセンターでの話。
一番下っ端だったのにセンタースタッフの対応を伺うアンケートでそこそこ上位だったせいでクレーム担当に回されていた。
その日も勤務についたら即座に担当クレームが割り当てられて、内容を確認したところ、気分的にうへぇ・・・。となった。
と、いうのも、当時はようやくADSLが全国普及してブロードバンドが一般的になっていたんだけど、それに合わせてNTTが光回線の普及を図っていたものだから、ネットがつながらないというクレームが頻発していた。
(知らない人のために簡単に説明すると、ADSLはメタル回線という銅線系回線でないと使えない。なのにNTTは何の計画性もなくNTT収容局から顧客自宅までの間を光回線工事してしまうから突然ネットが繋がらないという状態が多発していた)

顧客(Aとする)は、対応履歴を見るとそんな数多いクレームでモデムの交換だけで2回、技術者派遣して確認もしていたが改善が見られない。普通なら完全にNTTかPCメーカー振りで終了になるのだが、
NTTが「うちは問題ない。プロバイダの責任」と確認もせずにたらい回しにしたせいで、Aが発狂状態になっているという状態が履歴に記載されていた。
モデム2回交換で技術者派遣しても改善しないのも珍しいなと思い、Aの近隣住所で調べたところ近隣住所の顧客の履歴から「NTTが住宅近隣のメタル回線を光回線に交換してしまったせいでADSLの速度が落ちた(もしくは繋がらない)」
という、内容が複数発掘できた。
なのでクレーム担当の正社員に許可を取り、Aに電話をかけてNTTがAの住所の近くで回線工事が行われた結果繋がらない可能性が高いので、NTTの技術者に局から自宅までの回線を確認してほしいと伝えたところ、

「NTTが嘘つくわけねぇじゃねぇか!お前らみたいにCMも打ってないところが嘘ついているに決まってるだろ!」

という感じで話にならず、延々と30分くらい話し合ったところで、突然Aが「お前の家どこだよ」と聞いてきた。
まぁ聞かれたところで答えられるはずはないので「お答えできません」と言うと、今度はなんで答えられないんだ!と怒鳴り声の嵐。また30分くらい言え・言えませんを繰り返していたところAから電話が切られたのだが、その切れる直前、

「お前の家に火つけに行ってやるからな・・・」

と呟かれた。
慣れてなければビビるんだろうけど、クレーム担当をしていると1日1回のペースで殺人予告をもらうので、ハイハイワロスで気にも留めてなかった。
それというのも当たり前だけどコールセンターの住所なんて公開してしまえば、気に入らない内容の対応だったという理由で顧客がセンターにやってきてしまうからもちろん非公開。なのでどうやって火をつけにくるんだよw
という感じだった。しかもAの住所からセンターのある町まで移動だけで1日がかり。絶対にこないだろう・・・と思っていた。


[ 2020/01/14 23:41 ] 修羅場 | TB(0) | CM(0)

二十四歳の夏、親に「おまえの結婚式、十一月に決めたぞ」と言われた

ikanoosushi4_sugunigeru.png

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その27】

688: 名無しさん@おーぷん 20/01/08(水)12:19:40 ID:D0e

四捨五入したら五十になる歳になってしまったので懺悔。
新潟の中でもさらにド田舎の、住所に「大字」と付く実家で二十四歳まで暮らした。
ベビーブームだったので、ド田舎でもそれなりに同年代の子供たちは周囲にいて、お隣(と言っても徒歩二分)は親のイトコの家。
その家には二歳上の息子がいて、なんでか私はその子と将来結婚することが決まっていた。
親は悪人ではないけど「お前はこういう生き方をするものだ」と決め付けてきて疑わない人。
親の計画では私は「高校卒業後は短大に行って、市の公務員試験を受けて市役所勤務して、二十五歳になったらお隣のヒロちゃんと結婚して子供を三人産む」ことになってた。
ちなみに弟は「いい大学に行け。その後は好きにすればいい」だった。

親の言うことさえ聞いていれば叱られないし楽だったこともあって、私はボーっと親の言いなりの子に育った。
親の言うがままに勉強して、親が言うまま本来の偏差値より低い高校(家から一番近かった)に入学して、ヒロちゃんと付き合った。
ヒロちゃんを好きだと思ったことはなかった。
私のことを完全にナメていて、ちょっとでも私が気に入らないことをすると両家の両親に言いつけた。
私は両家の両親に「なぜヤらせないんだ」というようなことまで叱られた。ボーっとした私もさすがに屈辱だった。
でも叱られたり叩かれたりするのがいやで、結局言いなりになってしまった。
親の口癖は「おまえみたいな世間知らずは、ここでしか生きていけない」
子供の頃からずーーーーーっと言われ続けていたので、完全に洗脳状態で「ここでしか生きていけないんだな、仕方ないな」と思っていた。

短大卒業後、市職員の試験に合格。市役所の税務課で働いた。
税務課の「土地・家屋」部門はなぜか男性が九割で、歓迎会や納涼会などで初めて男性と一緒にお酒を飲んだ。
ヒロちゃんといる時はヒロちゃんだけが飲んで、私はお酌をするだけで飲まないものとされていた。
私は断りきれずに二杯ほど飲み、親に怒られると思いながら帰ったら
「付き合いだからそういう場では飲むのが当然。断るのは相手の顔をつぶす」と言われ叱られなかった。
それを機に、私は同僚にお酒に誘われるたび断らずに参加した。居酒屋だけじゃなく、バーやスナックにも連れていってもらった。
スナックにはきれいな女性がいて、ほえ~っとなった。
勿論そういうきれいな人がいるのは知ってたけど、至近距離で見たのと「自分と同じ人間だ」と認識したのが初だった。
「肌がきれい」とホステスさんに誉められて、まあ他に誉めるとこなかったんだろうけど、人に容姿を誉められたのが初めてで更にほえ~っとなった。
親は私をかわいいともブスとも言ったことがなかった。
ヒロちゃんは私をブスだババアだ(二歳下なのに)、我慢してやってるんだと言うだけだった。
私は親に内緒で毎日一時間だけ、スナックで一杯飲んでから帰るようになった。
自分がしゃべるよりホステスさんたちの話を聞くのが好きで、「聞き上手だ」と可愛がってもらえ、御代もしばしばホステスさんの奢りにしてもらった。
ホステスさんの大半が今で言うシングルマザーで、旅館の住み込み仲居の経験がある人が多く、「どこの旅館がいい」「あそこは最低」と聞かされた。


[ 2020/01/08 23:36 ] 修羅場 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ouchiusagi

Author:ouchiusagi
もふもふとおうち関連をぼちぼちまとめます。時々荒ぶるかも。
週末はほろりとくる話を多めにしております。
(・ω・)ノヨロシクネ
ツイッターはじめました@ouchiusagi

add
カウンター
人気記事
逆アクセスランキング
こちらもどうぞ