父親が亡くなってもう五年。いまでも後悔してることがある ウサ速
FC2ブログ

ウサ速

ウサギ成分多めのまとめサイト 家庭・既女・育児・生活などなどからまとめています。(おーぷん2chはじめました)

父親が亡くなってもう五年。いまでも後悔してることがある

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ £1

85: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-04-30 20:12:31

父親が亡くなってもう五年。いまでも後悔してることがある。

父親は入院してからが長く、年もいってたので容体が安定しなかった。
母親も当時は働いていたから、働きつつ病院に通ってクタクタだったんだと思う。
私はその頃は実家から二時間離れた街で一人暮らし。
超忙しい会社に転職したばかりで、神経がキリキリしてた。
母からちょくちょく泣き言まじりの電話が来てて、相手するのにも疲れてた。

ある日、「なんだか様子がおかしい、危ないかもしれないから来て」と母から連絡があり、
周囲の冷たい雰囲気の中で早退届を出して、病院のほうに駆けつけた。
けれどその日はまた容体が安定したとかで、
行ってみたらすやすや寝てた。

毒親というほどじゃないけど、日頃ほとんど接点のない会社人間の父親だったので、
人が転職したばかりの大事な時に振り回さないでほしい……みたいな気持ちになった。
実家に寄ってゆっくりしていけば、という母を無視して帰った。

ところがまた二日後、仕事中に携帯が鳴った。





86: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-04-30 22:00:00

「また様子がおかしい、ダメかもしれないから来て」という母からの連絡。本当にどうかもわからないのに、また早退しなきゃならないの?とイラッときて
「こっちは忙しいの、そんなちょくちょく休んでられないんだから!
いよいよの時になったら連絡してよね!」とすごい勢いでガチャ切りした。

その日の帰りの電車の中、
「いまお父さんが亡くなりました」と、母から一行だけのメールが来た。
えっ……と呆気にとられた。
悲しいというより、とんでもないことをしてしまった、という感覚だった。
連絡が来たときにすぐ行っていたら、死に目に会えたかもしれない。

どっかでまだ死なないだろう、と思ってたのかもしれない。
ちなみにその時の会社は、激務で体を壊して退職しました。
こんなことならなりふり構わず駆けつけてあげるべきだった。




87: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-04-30 22:32:44

ちょっとひどいなそれ。母親としてはショックだったろうな
いくら仕事が忙しくても何をおいても駆けつけるべきだろ




88: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-04-30 23:26:08

一時の仕事のために、一生会えなくなるお別れの時を逃したんだね 母親はさぞ泣いたでしょ
ていうか私だったら怒って家に上げないかもしれない




89: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-05-01 01:08:56

母親は私を責めませんでした。亡くなった父親は母親に対して
「A子(私)は自分のことで手一杯なんだから俺のことで心配かけるな」と
言っていたんだそうです。
それを聞いて涙がこぼれました。




90: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-05-01 02:09:21

うわ……すぐにテンパっちゃうタイプの報告主なんだね…しかもそれをお父さんに見透かされているという
まさに親の心子知らずとはこのこと




91: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-05-01 02:52:57

もう亡くなってしまったんだから今さら何を後悔しても遅い
その分はお母さんに精一杯親孝行してやれ


92: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-05-02 13:17:15

うちも父がそんな感じだったが、自分はこまめにお見舞い行ってた。少なくとも週に四回。
しかし仕事中に突然携帯が鳴って、出ると
「アンタ!お父さん死んだわ!アンタが忙しくしてるから!」などと
父の死に動転してた母親に何故か私が罵られた。
ワシ関係ないんちゃうんけ!と叫びかけ、いや関係はあるけど!とか
無言で母の涙声を聞きながら、頭の中で一人ノリツッコミしたのとセットで多分一生覚えてる。

つうかどんな長患いしてても死ぬのは一瞬で、いくら親子でも必ずしも看取れるとは限らないんだから
そんな後悔しまくらなくてもいいさ。
お父さんもお母さんも多分そんなん望んでないよ。


93: 85です 2014-05-02 20:57:57

>>96 ありがとう。
なんか少しだけ心が軽くなった気がするよ。
96もいい人生が開けますよう


スポンサーサイト


[ 2014/06/23 09:20 ] 修羅場 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ouchiusagi

Author:ouchiusagi
もふもふとおうち関連をぼちぼちまとめます。時々荒ぶるかも。
週末はほろりとくる話を多めにしております。
(・ω・)ノヨロシクネ
ツイッターはじめました@ouchiusagi

add
カウンター
人気記事
逆アクセスランキング
こちらもどうぞ