何も分からないけどひたすら怖い ウサ速

ウサ速

ウサギ成分多めのまとめサイト 家庭・既女・育児・生活などなどからまとめています。(おーぷん2chはじめました)

何も分からないけどひたすら怖い

引用元: ・今までにあった最大の修羅場を語るスレ8

866: 名無しさん@おーぷん 2017/01/12(木)20:53:15 ID:BdB

今現在の修羅場。長くてすみません。

一昨年のお正月、それまでイラスト付き年賀状だったA子から赤ちゃんの写真入り年賀状が届いた。
「子供、孫、自分の血を継いでいく者がいると言うのは幸せなことです」
と書かれた手書きの文字を見て悲しい気持ちになった。
そういえば昔、A子からの子供の写真付き年賀状に添えられた「やっと女として認められた気持ちです」
と言うコメントにショックを受けたんだった。
実は私、結婚目前で体調を壊しその検査で難病が発覚したことが原因で破談になった経験がある。
彼は気にしないと言ってくれたけど、やはり先方のご両親が難色を示した。
日常生活は普通におくれるものの、食生活の制限が厳しいので
彼のサポートどころか自分のことで精一杯なこともあり、身を引かざるをえなかった。
田舎なので色々勝手に噂されるのが嫌で叔母を頼って上京し
結婚は諦めて一人で生きる決心をしたところだった。
だからその年賀状はショックだったけど、自分が結婚も望めない悩みや卑屈さからくる感情であって
まだまだ自分が未熟なだけだと思っていた。
今思えばちょっと無神経なコメントだよなぁと思うけど、その時はそう思ってた。
数年子供の写真付き年賀状が届いたが、いつの頃からか昔と同じイラスト年賀状に戻りお互い40代も後半。



867: 名無しさん@おーぷん 2017/01/12(木)20:53:30 ID:BdB

今度は孫か~と正直ゲンナリしたが、こちらも年を取っただけに昔ほど気にならなくなっていた。
だけど、地元にいた頃A子とは同じ職場で保育士として働いていた関係で
ここ10数年、年賀状のやりとりだけの関係になってはいたが、
私が保育士になるほど子供好きだったことや破談になった経緯を知ってるのに
このコメントを書いてくるのはどういう意味?とわけがわからなくなった。
その年の暮れにはA子への年賀状にのみ「この年賀状を最後とさせていただき
来年以降の年賀状はご無礼をいたします」と印刷文字を入れた。
失礼と思われたらそれはそれでいいと思った。
そして翌年(昨年)のお正月。少し大きくなったお孫さんの写真と
「孫と言う存在はなにものにも代えられない可愛らしさがありますね」と言うコメント。
A子のコメントは決して私を貶める言葉ではないし、彼女自身の気持ちを表していることは理解しているつもり。
だけど、それを向ける相手(私)の気持ちは関係ないんだなと思い正月早々いい気分ではなかったが
これで終わったとホッとしていた。
が、今年またもやA子から年賀状が届いた。
写真の横には「子供を産んでよかったと、孫を抱いて強く感じる毎日です」と書かれてあった。
A子は一体何がしたいんだろう。二度と会う事がないだろう相手だからこそわざとやってる?
だとしたら一体私が何をしたって言うんだろう。それを知りたい気もするけど放置を決めた。


868: 名無しさん@おーぷん 2017/01/12(木)20:53:47 ID:BdB

・・・と、正月早々モヤモヤしていたが、先日の連休に地元の友人B子が上京してきて会った時にその話をしたら
B子が「怖い怖い怖い怖い!」とか言い出して、「でしょう?ちょっと怖いよね」って言ったら
「違う違う!」って。
A子の娘さんは結婚どころか成人式を迎える前に事故で亡くなったらしい。
それが原因かどうかわからないけどA子自身も離婚して今は一人暮らしのはずだと言う。
そんな事があったのなら、その年の年賀状は喪中で出されていないはずだが
A子からは毎年かかさず年賀状が来ていた。苗字も変わっていない。
でも亡くなったことと離婚したことは間違いないし、地元の友人は皆知ってるそうだ。
じゃああの赤ちゃんの写真はなんだったの?と思ったけど、そういえば3枚ともお孫さん“だけ”の写真だった。
いくらでもネットで拾うことができそう。
実際誰の写真か、どういうつもりで送ってきたのか、コメントの意味はなんなのか、
何故私がロックオンされたのか、何も分からないけどひたすら怖い。
来年も再来年もその先も届くんだろうか。恐ろしい。どうすればいいのか。
お一人様人生を考えてマンション買っちゃったから引っ越しできないわorz


869: 名無しさん@おーぷん 2017/01/12(木)23:26:24 ID:Ka2

>>866
3レス目でめっちゃ怖くなったよ(゚Д゚;)
何事もありませんように。。。


スポンサーサイト


[ 2017/01/12 23:55 ] 修羅場 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ouchiusagi

Author:ouchiusagi
もふもふとおうち関連をぼちぼちまとめます。時々荒ぶるかも。
週末はほろりとくる話を多めにしております。
(・ω・)ノヨロシクネ
ツイッターはじめました@ouchiusagi

add
カウンター
人気記事
逆アクセスランキング
Amazonファミリー
amazon特別キャンペーン
こちらもどうぞ