異常なほど親しげに、にこやかに近づいてくる人はいまだに警戒してしまう ウサ速

ウサ速

ウサギ成分多めのまとめサイト 家庭・既女・育児・生活などなどからまとめています。(おーぷん2chはじめました)

異常なほど親しげに、にこやかに近づいてくる人はいまだに警戒してしまう

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板 39

700: 1/2 2017/02/07(火)05:48:00 ID:4hz

まとめで読んだ人違いの話で思い出した、かなり昔の成りすましの話
長文なので長文嫌いな人はすっ飛ばしてね

ネットがまだ全然普及していなかった23歳当時、音楽が大好きで、
クラブ通いしてDJさんたちから音楽情報をもらっていた

ある日、クラブで容姿が自分とよく似た雰囲気の女性と仲良くなった
その店で会ったのは3回くらいで、その後さっぱり見かけなくなった

それと同時に、私がヤリマンで病気持ちらしい、という噂が広まった
仲がいいクラブスタッフから教えてもらったんだけど、
仕事帰りにクラブに来て入り浸って音楽の話しかしてなくて男の気配ゼロなので、
おかしいと思って噂を教えてくれた 
もちろん噂の否定もしてくれていた

そのうち全然知らない男性から「どうしても会って話したいことがある」
と電話がかかってきて、何かその噂と関係があるんじゃないかと思って
人が多いミスタードーナツで待ち合わせることにした
会ってみたら「あんた誰?」とえらく驚かれた
本当は私が言いたかったセリフだったけど、
これで誰かが成りすましているということがはっきりした
その男と話をして、どうやらクラブで知り合った女性が
私の名前と電話番号を使って遊んでいたとわかった

わかったところでその女性は実家住まいだから、
と連絡先も聞いていなかったので探し出せなかったけど



701: 2/2 2017/02/07(火)05:48:17 ID:4hz

でも、この話にはオチがあって、噂が完全に消えた頃にその女性から電話があった
…内容は「あんた●●って男覚えてる?」と
心当たりがまったくないのでそのまま「●●?聞いたことない」と答えたら
「名前も覚えてないの!? あんたが働いていた店でライター買ったでしょ」と言われた 
そんなこと言われても、繁華街の貴金属店でライターを買っていく客も、
ついでにナンパしていくような客もたくさんいたから誰だかわかるわけがない
その女性は、●●に長年片想いして、やっとのことでゲットしたそうで
それなのに「実はずっと片想いしていて忘れられない女がいて」と聞かされて逆上したらしい
いや、ごめん、本当にそこまで聞かされても誰だかわからない
そもそも誰に対しても「彼氏がいます。ごめんなさい」としか返してなかったし

それでもその女性は、私が働いていた店のそばで待ち伏せて、
帰りにクラブに寄っているのを知って近づいたそうで
しかも、病気だったことは自覚があったとかで
なんで惚れた男がいるのに遊びまくったのか
振り向いてもらえない寂しさで遊んだのかもしれないけど…
言ってること、やってることがもうめちゃくちゃ
なんだろう、漫画か映画のシナリオみたい、とひとごとみたいな感覚だった

ただ、女性も相当キチだけど、過去に好きだった女の話をする男も
ずいぶんデリカシーがないな、と腹が立って
「そんな男やめた方がいいんじゃ。いくらなんでも無神経すぎるよ」
とズケズケと叱ったら黙って電話を切ってしまってそれっきり

今は結婚して舅、姑の介護も看取りも終わって心に余裕ができたから、
こんな黒歴史を思い出す余裕もできたんだと思う
今はスマホやSNSがあるから成りすましも簡単にはできないだろうけど、
異常なほど親しげに、にこやかに近づいてくる人はいまだに警戒してしまう


スポンサーサイト


[ 2017/02/08 09:43 ] 雑談 | TB(0) | CM(1)
お年の頃は私と同じくらいかしら。
なんだか懐かしい空気を感じたわ。
あの頃は変な噂がたっても小さなコミュニティの中だけで、時間で雲散霧消してったもんだけど、今は知らないうちに真偽不明な噂がネットに書き込まれて、見知らぬ何万人から叩きのめされて、しかも半永久的に消えないから嫌な時代になったもんだな、って思うわ。
良いこともたくさんあるんだけどね。
[ 2017/02/10 15:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ouchiusagi

Author:ouchiusagi
もふもふとおうち関連をぼちぼちまとめます。時々荒ぶるかも。
週末はほろりとくる話を多めにしております。
(・ω・)ノヨロシクネ
ツイッターはじめました@ouchiusagi

add
カウンター
人気記事
逆アクセスランキング
Amazonファミリー
amazon特別キャンペーン
こちらもどうぞ