心に仄かにあったAへの気持ちが一瞬で嫌悪に変わってしまった ウサ速

ウサ速

ウサギ成分多めのまとめサイト 家庭・既女・育児・生活などなどからまとめています。(おーぷん2chはじめました)

心に仄かにあったAへの気持ちが一瞬で嫌悪に変わってしまった

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間 Open 6年目

838: 名無しさん@おーぷん 2017/07/18(火)03:08:20 ID:xtN

私には十五歳くらいから二十二、三歳くらいまで十年近く片想いしていたAという人がいた
Aのためなら死ねると思うくらい本当に好きで、三回告白したけれども三回とも振られた

三回目でさすがに諦めて、その時期に告白してくれた人と付き合ってトントン拍子で結婚した
現在は結婚十数年目で三児の母、家族五人で仲良く暮らしている

Aのことは、最後に会ってから十五年ほど経っていることもあり
あの頃は若かったなぁ、辛かったけど幸せでもあったなぁとか良い思い出として思い返す程度…

だったんだけど先日、Aから某SNS経由でメッセージが送られてきた

「○○(私)久しぶり。今は結婚してるんだ?それに三児のママなんだね。
あの頃の僕が○○を選んでたら、僕も今は三人の子供のお父さんだったのかー。
もったいないことをしたなぁ。
僕はなかなか出会いがなくてまだ独身です。
誰か紹介してくれませんか?(笑)」


上手く言葉にできないんだけど
振られて目が潰れるかと思うほど泣いたあの頃の悲しみとか

Aとは全く関係ないところで家族力を合わせて、努力をした上で幸せに暮らしてるのに
しれっとAの仮想家族的な言い方をされたこととか

私があの頃何年もずっとAのことを好きだったと知っている上でこんなメッセージを送ってくるなんてどんな神経してるんだろうとか

色々な感情が沸き起こって、三十年近く心に仄かにあったAへの気持ちが一瞬で嫌悪に変わってしまった

振った側にIFを言われてもこっちは馬鹿にされてるとしか思えないし、
もう思い出に昇華してるのに今更蒸し返されて不愉快極まりない


839: 名無しさん@おーぷん 2017/07/18(火)14:01:00 ID:iUx

15年経って、振った女性に連絡してくる男か。
しかもいきなり、内情を知っているというのもすごいな。
3回も振られるという状況もなかなかだが。
3回も振った女性の15年後の内情を知って連絡してくるとは。
ある意味ホラーな気がする。


840: 名無しさん@おーぷん 2017/07/18(火)14:12:57 ID:IVp

だから四十路になっても独身なんじゃん


841: 名無しさん@おーぷん 2017/07/18(火)17:42:21 ID:UNe

>しかもいきなり、内情を知っているというのもすごいな。
これが一番恐ろしい
ど田舎とかなんだろうか?


842: 名無しさん@おーぷん 2017/07/18(火)17:42:27 ID:iUx

そうかぁ
男の方が3回振られて、15年後にストーカー並みにアクセス
して来るってならわかんだけどな。
ああ、それじゃ百年恋冷却じゃなくなるな。


843: 名無しさん@おーぷん 2017/07/18(火)17:55:22 ID:iUx

内情と書いてて思ったけど、SNS経由ってことだから
まあ、そこに書いてあったんだろうな、
それよりも、そのSNSにたどり着くのが恐ろしいな。
3回振った女になぜ??


844: 名無しさん@おーぷん 2017/07/18(火)19:36:48 ID:LtD

SNSを遡れば結婚していることと子供が三人いることは分かるので、それで調べたんだと思います
あと旧姓も載せてるので、それで検索してヒットしたのかな?と思いますが、
共通の友人知人も沢山いるのでそこ経由で聞いたのかもしれません

Aはモテるタイプというわけではなく、ただ私が単独でベタぼれしていただけなので
五十近くなって独身に危機感を覚えたときにちょうど私のことを思い出す→
何してるかな?と検索、ではないかなとか予想しています

当時から周りの人達には物好きとか悪趣味とか言われていたので、
恋は盲目で見えていなかっただけで昔から変なところはあったんでしょうね…


スポンサーサイト


[ 2017/07/19 09:55 ] 恋冷め | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ouchiusagi

Author:ouchiusagi
もふもふとおうち関連をぼちぼちまとめます。時々荒ぶるかも。
週末はほろりとくる話を多めにしております。
(・ω・)ノヨロシクネ
ツイッターはじめました@ouchiusagi

add
カウンター
人気記事
逆アクセスランキング
Amazonファミリー
amazon特別キャンペーン
こちらもどうぞ