私は見た!!不幸な結婚式(おーぷん) ウサ速

ウサ速

ウサギ成分多めのまとめサイト 家庭・既女・育児・生活などなどからまとめています。(おーぷん2chはじめました)

私は見た!!不幸な結婚式(おーぷん)

引用元: ・私は見た!!不幸な結婚式(おーぷん)

183: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)03:11:34 ID:iCf

いいスレ見つけたから書く。もう数年前の、主に私が時間差で不幸になった結婚式。
新郎新婦の出会いが山だったとかで、どうしても自然の中で愛を誓いたい!という新婦たっての希望と、
新郎が教育関係で8月にしかまとまった時間が取れないという事情から爆誕した真夏のガーデンウェディング。
披露宴は室内に移動するけど、なんやかやで1時間近く炎天下にさらされるらしい。
雨なら最初から室内だというので一か月前からてるてる坊主を逆さに吊したけど、当日は無情の晴天猛暑日。
さすがに悪いと思ったのか「ドレスコードより日焼け&熱中症対策優先で」と事前アナウンスがあったので、
女性陣は日傘や帽子、男性陣はノータイとかでそれぞれに自衛しつつ出席した。
両家親族もみんな洋装…と思いきや、車椅子で登場した新婦祖母(90歳オーバー)だけがまさかの黒留。
こんなに「一刻も早く終わってほしい」と願った式は後にも先にもない。
新郎新婦がいちから企画してすごく凝った式だったらしいけど、暑かったのとおばあちゃんが心配だったことしか記憶にない。
幸い誰も倒れずに済んだけど、肩にレースのショール巻いてた友人がまだら日焼けしてしまったり、
汗かきすぎた男性のジャケットに塩が浮いたり、小さいダメージを食らった人はけっこういた。



184: 183 2017/07/09(日)03:12:27 ID:iCf

そして私の不幸はここから。
翌朝痛みで目を覚ますと、右足の甲が真っ赤に腫れ上がっていた。あまりの痛みに歩くこともできない。
ひどい捻挫だと思って、病院に行くことにした。
履き慣れないヒールでお酒も飲んだから、知らぬ間にどこかで捻っちゃったかーと思いながらタクシー呼んで、
ネットで日曜もやってる整形外科を調べて、混んでたので1時間くらい待ってようやく診察室へ。
そしたら先生が開口一番「これ捻挫じゃないです。虫さされです」
リアルで「へっ?」て声が出た。
昨日川の近くとかに行った?と聞かれて、そういえばウェディング会場に池があったと話したら、
じゃあブヨの可能性が高いですね、かなり腫れてるから皮膚科に行ってくださいとのこと。
ブヨは痛みもあるけど痒みもひどいって聞いてたのに、痒み一切なかったから考えもしなかった。
そこからまた日曜開いてる皮膚科を探してタクシー呼んで運転手さんの肩借りて移動して、
そこも混んでたので1時間半くらい待って、ようやく適切な治療を受けることができた。
飲み薬と塗り薬、あとは腫れが酷いから湿布と、歩けないので松葉づえ貸してもらった。
皮膚科に松葉づえ置いてあるのが地味に驚きだった。
処置が遅れたせいか熱も出て丸一日寝込むわ、翌日からしばらくタクシー通勤になって諭吉が何人も出て行くわ、本当に散々でした。
次に真夏のガーデンウェディングに呼ばれたら全身にハッカ油を塗って出席します。


185: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)19:17:31 ID:qiS

>>184
本当にお疲れ様…


186: 名無しさん@おーぷん 2017/07/10(月)09:50:37 ID:6H8

真夏にするならいっそプールで全員水着で行えば良いのにね


188: 名無しさん@おーぷん 2017/09/07(木)09:47:35 ID:OAL

北国に住む友人(新郎)から冬の結婚式に招待された
雪がすごいだろうからできれば前泊してほしい、ホテルや食事はこちらで用意すると申し出があったので
ありがたく式の会場にもなってるホテルに泊まらせてもらった
食事会場に案内されていってみたら、親戚・友人一同も同じ会場(広い座敷)でなんていうか宴会状態
親戚が座卓を回って挨拶してて、新郎新婦のいない披露宴みたいなことになってた
新郎父に、あなたは酒豪と聞いてますよwここは酒がうまいところだからどうぞwとガンガン飲まされた
俺も、いえいえあなたこそイケる口では?wとガンガン酌を返した
知らない人も混じってきて飲み比べ状態になり、途中で新郎新婦が食事会場に来たらしいが記憶にない

翌日、枕から頭を上げられないほどの頭痛で目が覚めた
なんとか着替えを済ませて昼からの式に出たが、昨日食事会場で見た人数から半分くらいになってる
全員覇気がなく、顔色もよくなく、立ち上がる際にふらついてる人もいる(←俺も)
ブーケトスもゾンビ状態の女性陣がふらふらと落ちたブーケをつかむ有様(飛びつく元気はない)
披露宴も同様で、会場の人間が少ないうえにほとんど元気がない
AKBの衣装を着た女性陣が並んで歌ってたが、あとから聞いたらダンスをする予定が中止にしたらしい
食が進まず、根性で口に押し込んだけど半分以上残してしまった
俺の正面の席の人は一口だけスープを飲んで会場から飛び出し、戻ってこなかった

後日談として、やはり参列者のほとんどが当日二日酔いだった
新郎新婦が前日の食事会場に着いたときほとんど全員ができあがってたんだけど、それを主体的に煽って
飲ませていたのが新郎父だったらしい(酒が超強い)
おかげで無事なのは下戸と未成年と子連れの母親のみという状態
飲むほうも悪いが飲ませるやつも悪い、新郎の父親に勧められたら普通は断りづらいだろうに!と
新婦が怒り狂って危うく入籍がなくなりかけたそうだ
今では仲良く夫婦をやってるけど、新郎は結婚式から一滴も酒を飲んでないらしい


スポンサーサイト


[ 2017/10/31 00:54 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ouchiusagi

Author:ouchiusagi
もふもふとおうち関連をぼちぼちまとめます。時々荒ぶるかも。
週末はほろりとくる話を多めにしております。
(・ω・)ノヨロシクネ
ツイッターはじめました@ouchiusagi

kindleベストセラー
add
カウンター
人気記事
逆アクセスランキング
Amazon特別キャンペーン
amazon特別キャンペーン
こちらもどうぞ