脳の信号(しかも事故などでかんたんに切り替わる)で好きとかきらいとかの感情が変わるっていうのが怖い ウサ速
FC2ブログ

ウサ速

ウサギ成分多めのまとめサイト 家庭・既女・育児・生活などなどからまとめています。(おーぷん2chはじめました)

脳の信号(しかも事故などでかんたんに切り替わる)で好きとかきらいとかの感情が変わるっていうのが怖い

science_nou_kenkyu.png

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その25

9: 名無しさん@おーぷん 19/05/22(水)00:47:01 ID:Ifc.jt.gw

大学生の頃、事故で頭を強く打ったことがきっかけ?で、洋服や食べ物趣味などの好みが変わってしまったこと。
入院長かったから友達も何度か来てくれて、それは嬉しいんだけど、みんなの話が全く面白いと思えない。
でも友達に聞くと、俺もよく同じ話題で盛り上がってたというし、実際記憶もある。
ちなみに事故前の趣味は、漫画、小説、海外のボードゲーム、どんでん返しのあるサスペンスとかミステリー映画をみんなで見ること、語り合うことだったんだけど。
で、それをサークルの友人たちと毎日部室や誰かの家で朝までお酒片手に楽しむみたいなことをしてた。
その記憶はもちろんあるんだけど、でもあー昔そんなの好きだったなーというか、小学生の頃ハマってたカードゲームくらいの感覚で、懐かしいけど今やりたいものではないという感じ。
友人たちとはだんだん話題が合わなくなって疎遠になり、今は全く小説も漫画も読まないし、どんでん返し系の映画よりも爽快アクションが好きだし、サークルはやめて普段は事故後に新しくできた友達たちとクラブやライブイベントに行く毎日になった。
食べ物も、昔はラーメンが好きで一人でもよく行ってたんだけど、今は食べたいと思わなくなったから誘われたときだけ。
甘いものも前は特に好きじゃなかったからもらったときだけ食べるくらいだったのに、今はすごく好きで自分で買ってまで食べてる。
好みが変わることって誰でもあるけど、俺の場合は完全に事故がきっかけっぽいし、ふとしたときにどっちの俺が本当の俺なのかとか、別人になってしまったのかとか、所詮人間は脳の電気信号一つで何もかも変わってしまうとかそんな中二病みたいなことを考えてしまう。


10: 名無しさん@おーぷん 19/05/22(水)02:18:15 ID:MvP.it.fa

>>9
刑務所にいる異常犯罪者(連続殺人犯や猟奇殺人犯)の脳を調べたら、何らかの異常がある割合が極限に多かったという話を聞いた事がある。
脳の影響は大きいって事だね。


11: 名無しさん@おーぷん 19/05/22(水)02:42:49 ID:Ifc.jt.gw

>>10
そうなんだ。たしかに普通の人に、連続殺人はできない気がする。
どうしても恨みがあってその一人とか、事故でならまだわかるけど、連続殺人とか猟奇殺人はね。
自分としては、幼稚園の頃ハマってた特撮ヒーローくらいの感覚で事故前の好きだったことを感じていて、それがすごく怖い。
自分の意志ではなく、脳の信号(しかも事故などでかんたんに切り替わる)で好きとかきらいとかの感情が変わるっていうのが怖い。
まだ若かったから友達と疎遠になるくらいで良かったけど、これで結婚でもしてたら事故で別人格のようになってしまって、奥さんを好きじゃなくなったり、逆に奥さんからしても自分が別人になってしまったらと思うとさ。
また何かのきっかけで今の趣味や性格が変わってしまうかも、とふと思ってしまうことがある。


15: 名無しさん@おーぷん 19/05/22(水)12:13:33 ID:Vzo.p5.el

>>11
どんな怪我だって100%完璧に怪我する前の状態に治ることはないんだから脳内を怪我したって同じだよ
事故でなくたって脳梗塞でも同じことは起こるし鬱や統失だって同じだ
病気や怪我なんだから仕方ない
徐々に受け入れて仕方ないと思えるようになれば快方に向かってるってことだし
どうしても受け入れられない納得できないってならそれだけ損傷が重くてもうこれ以上は快方には向かわないってだけのこった
色々変わっただろうけど命助かって五体満足で活動できてよかったね


スポンサーサイト


[ 2019/05/22 22:06 ] 衝撃体験 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ouchiusagi

Author:ouchiusagi
もふもふとおうち関連をぼちぼちまとめます。時々荒ぶるかも。
週末はほろりとくる話を多めにしております。
(・ω・)ノヨロシクネ
ツイッターはじめました@ouchiusagi

add
カウンター
人気記事
逆アクセスランキング
こちらもどうぞ