燃えている炎をじっくりと見たことのない当時の俺は、手でティッシュを1枚詰まんで、それに火を着けた。 ウサ速
FC2ブログ

ウサ速

ウサギ成分多めのまとめサイト 家庭・既女・育児・生活などなどからまとめています。(おーぷん2chはじめました)

燃えている炎をじっくりと見たことのない当時の俺は、手でティッシュを1枚詰まんで、それに火を着けた。

match_fire_boy.png

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その27】

597: 名無しさん@おーぷん 19/12/03(火)15:11:30 ID:7l9

小学校上がりたてだった頃

当時のライフサイクルは、夜7時頃のアニメを見る前に晩御飯とお風呂を済ませて、アニメを見たら寝るというとても早寝なものだった。
小学校上がりたてとはいえ、兄弟の一番上の自分がこうだったんだから、弟はもっと早くに寝かし付けられていた。

その日も、俺はアニメを見ていて、弟は母親に寝かし付けられていて、父親は残業でまだ帰らない…
なので、居間で俺一人でアニメを見ていたんだ。

ふと、父親の席のライターに目が止まった。そしてこう思った。
「炎ってどんな風に燃えているんだろう」
キャンプファイヤーとかキャンドルファイヤーは見たことあったけど、燃えている炎をじっくりと見たことのない当時の俺は、手でティッシュを1枚詰まんで、それに火を着けた。

メラメラ燃えていくティッシュ、次第に手が熱くなる。
そして当時の俺はこう考えた。
「ティッシュはゴミ箱に捨てなきゃ」
当然のごとく燃え上がるゴミ箱。
ヤバいと思って、台所…を通り越えて、寝室の母親に
「お母さん、お水飲みたくなった」
と声を掛けて、台所で水をコップに汲んで、それをゴミ箱にバシャァ

しかし当然、そんな水では足りない。
再び台所…を通り越えて、母親に声を掛けるところから繰り返す。

何度やっても火は消えない。

そうこうしている内に異変に気付いた母親がタライに水を組んできて水を掛けて事なきを得た。

このまま家が燃えるのではと、子供ながらに炎の怖さを思い知った修羅場。

被害はカーテンだけで済んだのは不幸中の幸いか


598: 名無しさん@おーぷん 19/12/03(火)18:36:36 ID:chz

ニコ生だっけ、オイルマッチ事件思い出したわ


599: 名無しさん@おーぷん 19/12/03(火)21:11:45 ID:73M

>>597
自分も子供の頃コンロで同じことやったわ
瞬間的に燃え移って大きく炎が上がったのに驚いてコンロの上にティッシュ落としたらすぐ燃え尽きて消えたから事なきを得たけど
子供にはよく言い聞かせなきゃダメだね


600: 名無しさん@おーぷん 19/12/04(水)12:01:45 ID:GYa

子供って火をつけるの好きだよね
私も好きだったな、昔の祖父母の家でお風呂沸かすのに薪をくべたり、枯れた杉の枝入れて火をつけてたな
懐かしい


602: 名無しさん@おーぷん 19/12/04(水)12:43:13 ID:eSv

>>600
自宅の庭にたき火スペース作ったり
暖をとるのにわざわざ面倒な薪ストーブつけたりしてると思えば
大人もやっぱり燃やして見てるのが好きなんだと思う
自分もたき火の楽しみのためにまめに庭そうじしたり枝打ちしてるところあるわw


603: 名無しさん@おーぷん 19/12/04(水)18:35:13 ID:Zdk

焚き火生放送何てのも需要あるらしいし、人は炎になんか感じ入るモノでもあるんだろうか


604: 名無しさん@おーぷん 19/12/04(水)20:14:18 ID:eSv

遺伝子の記憶とかねー
人間が他の肉食獣に食われる危険があった頃に火と出逢って
自分で火を熾せるようになったことで身の安全が確保されたり
煮たり焼いたりできるようになってから食べられるものも増えただろうし
ほとんど奇蹟だったろうね
だから遺伝子に「『便利』を遙かに超える絶対に忘れたり喪ってはいけないもの」として
強烈に紐付けされたとしてもおかしくないかもね


スポンサーサイト





[ 2019/12/05 14:30 ] 修羅場 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ouchiusagi

Author:ouchiusagi
もふもふとおうち関連をぼちぼちまとめます。時々荒ぶるかも。
週末はほろりとくる話を多めにしております。
(・ω・)ノヨロシクネ
ツイッターはじめました@ouchiusagi

add
カウンター
人気記事
逆アクセスランキング
こちらもどうぞ